『Projection:First Light』- 夜中にプレイしたら朝まで寝れなくなること必至!光源を操り幻想的な影絵の世界を旅するパズルアドベンチャーゲームをレビュー

Apple Arcadeでプレイできる『Projection:First Light(プロジェクション:ファーストライト)』の面白いポイントをレビュー。本作は、影絵風の幻想的な雰囲気で描かれており、光源である不思議な蝶を操作することでギミックを動かし、先に進んでいきます。

posted by ばば at 2019/09/20 20:10

『Projection:First Light』の面白いポイントをレビュー!

Apple Arcadeでプレイできる『Projection:First Light(プロジェクション:ファーストライト)』の面白いポイントをレビュー。

本作は、影絵風の世界を旅するパズルアドベンチャーゲームとなっており、光源である不思議な蝶を動かすことで影の位置を操作し、ギミックを解いていきます。

非常に幻想的な世界観が表現されているので、ステージの奥まで是非注目していただきたいです。

影絵の世界を冒険

『Projection:First Light(プロジェクション:ファーストライト)』は、2Dマップの中で女の子と光源である不思議な蝶の2つを操作しながら進行していきます。
光源が動くことで新しく影が生まれ、その影を足場にしたりなど、マップ干渉できるようになります。

操作は基本的に画面のタップだけで、上にフリックすればジャンプも可能です。
▲レバーなどの動かせるギミックの場合、作動させるボタンが表示される
▲進行上必要ないところには影はできないので、影ができるということはそこになにかあるというヒントにもなる

没入感のある幻想的な雰囲気にシンプルなゲーム要素

『Projection:First Light(プロジェクション:ファーストライト)』はとにかく雰囲気が良く、ひと目見て興味を持った人には自信を持っておすすめできます。

今回紹介したのは序盤だけですが、先に進めばそれぞれまた違った趣がありますので、ぜひ自分の目で確かめてみてください。

なお、ホラー要素などはありませんが、全体的に暗い雰囲気の箇所が多いので、雨の日の夜なんかにプレイしたら、そのまま朝を迎えてしまうほどにはまれることでしょう。

総合評価

点数
90点/100点
『Projection:First Light(プロジェクション:ファーストライト)』は、ゲームとしてやり込むタイプではありませんが、雰囲気を楽しむゲームとして高評価です。

パズル要素もそこまで難しくないというのも、この場合は万人受けするゲームと言えるでしょう。

ただし、操作する際に手で画面を隠してしまうので、iPhoneのタップ操作でのプレイフィールがちょっと悪いのが唯一の欠点。慣れないとゲームのテンポに関わってくるかもしれません。

Projection:First Light詳細情報

価格 (月額)600円
メーカー Blowfish
ジャンル アドベンチャー
© 2017 Shadowplay Studios Pty Ltd

ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報など様々なコンテンツをお届け中。