『ダンメモ』- 本日9月24日(木)より中国国内向けの配信を開始!Shengqu Games子会社のLeyuが配信を担当

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~(ダンメモ)』にて、本日2020年9月24日(木)より、Leyuのもと中国国内向け配信が開始されました。

posted by kikuchi at 2020/09/24 13:00

中国国内向け配信開始!

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~(ダンメモ)』にて、本日2020年9月24日(木)より、中国国内向けの配信が開始されました。

中国国内向け配信は、Shengqu Games傘下の子会社であるLeyu Information Technology(Zhejiang)Co.,Ltdが行っています。

本作は、大人気アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」初の本格スマートフォン向けゲームアプリです。日本国内向けには2017年6月より配信され、2018年4月にはグローバル展開も開始され、全世界で2,000万ダウンロードを突破しています。

Shengqu Gamesとは

1999年11月に設立され、中国では大手オンラインゲームの開発およびパブリッシング、運営を2000人以上の体制で行なっている総合企業です。「高精細開発、グローバル配信、IP活用、新しいECOシステムの導入」という戦略の下で、国際性のある娯楽プラットフォームを目指しています。
設立以来、全プラットフォームで「熱血伝奇」「伝奇世界」「ドラゴンネスト」「ファイナルファンタジーXIV」「伝奇永恒」「フォールアウトシェルターオンライン」「光明勇士」など100以上のサービスを提供し、全タイトルの累計登録ユーザーは22億人を超えています。

LEYUとは

Shanda Games傘下の100%子会社で、海外ライセンス事業を集約し担当しています。

ダンまち~メモリア・フレーゼ~詳細情報

価格 無料
メーカー グリー株式会社
ジャンル ロールプレイング
©大森藤ノ・SB クリエイティブ/ソード・オラトリア製作委員会 ©Wright Flyer Studios

ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報など様々なコンテンツをお届け中。

MovieBoom|動画配信サービス情報メディア