posted by ずぇ at 2016/08/10 20:00

【FGO攻略】このサーヴァントを選べば問題なし!「聖杯転臨」をしても後悔をしない、おすすめのサーヴァントを紹介!

【FGO攻略】このサーヴァントを選べば問題なし!「聖杯転臨」をしても後悔をしない、おすすめのサーヴァントを紹介!

『Fate/Grand Order(FGO)』にて8月6日(土)より、サーヴァントのLv.上限を引き上げる「聖杯転臨」が実装されました。今回は「聖杯転臨」を実行しても後悔しないおすすめサーヴァントを紹介!

「聖杯転臨」おすすめサーヴァント

『Fate/Grand Order(FGO)』にて、一周年記念キャンペーンの一貫として8月6日(土)より、サーヴァントのLv.上限を引き上げる「聖杯転臨」が実装!
前回は、聖杯を誰に使うか迷っている人向けに、レア度別に聖杯を使った時のメリット(前回の記事)を挙げました。
今回は、そのメリットを考慮して、限られた聖杯の中で「聖杯転臨」を実行しても後悔しない、おすすめサーヴァントを一部紹介していきます。
目次
★5サーヴァント
★4サーヴァント
★3以下サーヴァント
まとめ

おすすめの★5サーヴァント

★5 ジャンヌ・ダルク

STLv.90Lv.100
HP16,50018,076
ATK9,59310,501
ほとんどのクラスからのダメージを半減にするルーラークラス、かつスキルや宝具の効果を見れば、Lv.90でも十分な耐久性を有しています。しかしながら、Lv.100にしてHP18,000越えになると、まさに鉄壁の不沈艦へと変貌。

スタメン、控えどちらでも活躍の場がありますが、最終的に1対1の状況になっても敗北することはない、安定性を求める場合は聖杯転臨を行って強化するのもありでしょう。

★5 ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕

STLv.90Lv.100
HP11,76112,885
ATK13,24414,498
全サーヴァント随一のATKを持つことと、ムーンキャンサー以外には等倍以上のダメージを与えることから、どんなクエストにも対応できるアタッカーとしての地位を確立しているサーヴァント。
与ダメージに関しては、1.5倍のダメージ補正のあるバーサーカーに適わないものの、バーサーカーと比較すると打たれ強いのも特徴。

アヴェンジャーという特異性のあるクラスで、ATK約1.3万を越えるサーヴァントは中々実装されないと思われるので、聖杯転臨をしても後悔しないおすすめのサーヴァントですね。

「★5 ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」性能評価

★5 クー・フーリン〔オルタ〕

STLv.90Lv.100
HP12,21013,377
ATK12,80514,017
ATKはジャンヌ・オルタに次いで全サーヴァント中2位。
その火力を持って敵を蹂躙できるのはもちろんのこと、バーサーカーながら耐久性を高めるスキルを有しているので、HPが上昇することによって、より倒されにくくなります。
そのため、HPATK両面が上昇することによって、得するサーヴァントの1騎と言えます。

「★5 クー・フーリン〔オルタ〕」性能評価

★5 ギルガメッシュ

STLv.90Lv.100
HP13,09714,348
ATK12,28013,442
カード性能とスキル構成から宝具回転率が良く、そして頻繁に展開可能な宝具の特攻はほとんどのサーヴァントが対象なので、有利クラス(セイバー)以外のクエストでも活躍の場があるサーヴァント。

特攻対象ではない一般エネミーや不利クラス(ランサー)には対応できないこともありますが、宝具威力は高めなので、それら相手でも一定の真価を発揮します。

おすすめの★4サーヴァント

★4 シュヴァリエ・デオン

STLv.80Lv.90Lv.100
HP13,25614,65916,073
ATK8,7659,68510,613
元々のHPも★4ながら約1.3万と高水準ながら、Lv.100にすることで約1.6万にもなります。このHP★5セイバーをLv.100にした時のHPにも匹敵する数値です。

デオンは、敵の攻撃から味方をターゲット集中で護りながら、宝具によって敵を妨害し、結果的に味方のサポート役を務めるサーヴァント。
回避HP回復で耐久力が高いとは言え、盾役として味方を護るのならHPが高いことに越したことはありません。

★4 ヘラクレス

STLv.80Lv.90Lv.100
HP10,32711,42012,521
ATK10,65511,77312,901
与ダメージが1.5倍のバーサーカーは他のクラスよりもATK上昇の恩恵が大きいですが、その中でも★4以下の一押しは、圧倒的にヘラクレス。
《勇猛[A+]》により、上昇したATKによるダメ―ジを3ターンも増大させるので、火力アップの持続が1ターンのみのスキルを持つ他のバーサーカーに比べて、結果的に与ダメージ量が上回ります。

また、ヘラクレスはHP上昇の恩恵も受けやすいバーサーカーです。
回避とガッツにより、通常時のステータスでもそれなりの耐久性を持ち合わせていましたが、もう一度これらのスキルを使用できるほどのタフさはありませんでした。しかし、HPが約1.2万を越えるとなるともう一度使用して、より場に長く生存することも可能になるでしょう。

Lv.100まで上げずとも、HPATK両面の恩恵を受けやすいので余っている聖杯を与えても良いし、集中的に使用してLv.100の最強ヘラクレスにするのも有り。

★4 アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕

STLv.80Lv.90Lv.100
HP11,58912,81514,051
ATK10,24811,32412,399
「★4 アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕(以下、黒王)」は、「★5 アルトリア・ペンドラゴン(以下、青王)」(どちらもセイバー)と同じスキル構成・宝具を持つので、何かと比べられることが多い存在。
どちらも聖杯転臨していない状態では、スキルの倍率やATKの差で宝具の威力は青王に軍配が上がりますが、黒王はATKの差が一定値を下回れば青王以上のダメージを叩き出す潜在能力を持っていました。

そして今回、黒王のLv.上限を引き上げることでATKも上昇し、なんとLv.90の時点でアルトリア(Lv.90)を抜く結果に。
さすがにHPは青王に及ばないものの、単純なアタッカーとしての運用をするならば、コストが低い分、聖杯転臨した黒王のほうが使いやすいと言っても過言ではないでしょう。

★4 坂田金時〔ライダー〕

STLv.80Lv.90Lv.100
HP10,80011,94313,095
ATK9,81910,85011,889
大半の配布サーヴァントに言えることですが、どのサーヴァントもスキルや宝具の性能が良く、それでいて宝具レベルLv.5(の人も多いと思われる)なので、単純にステータスアップの恩恵を受けやすいですね。
その中でも、「★4 坂田金時〔ライダー〕」は聖杯転臨しても損がないサーヴァントと言えます。

NP効率がかなり高く、2段階強化可能な宝具は★4のATK時点でも、単体攻撃宝具持ち「★5 オジマンディアス」や「★5 女王メイヴ」に匹敵するダメージを叩き出していたので、Lv.90・Lv.100にするだけで、ライダークラスのサーヴァントにおける火力トップ争いでも、上位に食い込むことになります。

「★4 坂田金時〔ライダー〕」性能評価

おすすめの★3以下サーヴァント

★3 クー・フーリン

STLv.70Lv.80Lv.90Lv.100
HP9,59310,72511,86813,007
ATK7,2398,0878,9429,797
もともとクー・フーリンは、★3ながら高い耐久能力を持つので、場に長く生存して活躍してくれるサーヴァンでした。
それが、聖杯転臨することでHPが向上するので、より高い耐久性能を持つことになります。また、素の攻撃能力も向上するので、火力バフ手段がないクー・フーリンでもダメージソースとして活躍可能に。

高レア帯のランサーには、クー・フーリンと同じく単体攻撃宝具持ちの「★5 スカサハ」や「★4 李書文」などがいますが、それらはアタッカー役で、耐久向けのクー・フーリンとは運用方法が異なります。そのため、もしそれらを召喚していたとしても、聖杯転臨したクー・フーリンが腐ることはありません。
対アーチャー戦だけでなく、高HPの敵が出現する高難易度で大活躍するサーヴァントになるでしょう。

★3 エウリュアレ

STLv.70Lv.80Lv.90Lv.100
HP9,50610,62811,75812,889
ATK7,0327,8568,6869,517
魅了付与やチャージ減少スキルによる敵への妨害、スキルによって強化が可能な〔男性〕特攻の宝具と攻守に渡って活躍できるサーヴァント
単純にステータスが上昇することによって、敵への妨害可能回数が増加し、与ダメージも大幅にアップします。

★4以上のアーチャーで単体攻撃宝具持ちというと「★5 オリオン」や「★5 新宿のアーチャー」などがいますが、エウリュアレを聖杯転臨すると、ステータス面は及ばないものの、その差を縮めることができます。
コスト的なメリットもありますが、対男性相手に有利に立てるサーヴァントを1騎持っていたいのなら、エウリュアレがおすすめです。

★3 ロビンフッド

STLv.70Lv.80Lv.90Lv.100
HP10,18711,38912,60113,812
ATK6,7157,5028,2959,088
ロビンフッドは、自身のスキルで〔毒〕を付与さえすれば、宝具の特攻対象になるので、一番広い特攻宝具を持っていると言っても過言ではないサーヴァントです。

第3スキル《皐月の王[B]》により、回避を覚え生存性も向上したので、上昇するHPも相まって、低コストながら超火力宝具を複数回展開することが可能なサーヴァントになるでしょう。

★3 メディア

STLv.70Lv.80Lv.90Lv.100
HP8,6439,66310,69111,719
ATK7,4188,2879,16310,039
「★3 メディア」の強みは、強力なNP増加スキルとNP効率が高いことによる宝具回転率の高さですが、ATKの低さが玉に瑕でした。
しかし聖杯転臨することで、単純にステータスが向上するので、宝具による与ダメージ量が増え、HPが増加したことにより宝具展開数が増加。

低コストなので、高コストの概念礼装とも組み合わせやすいのも魅力的。
ステータスが向上しても、ATKの差から★5キャスターの単体攻撃宝具持ち「玄奘三蔵」の宝具一発の威力に適わないかもしれませんが、そこは手数でカバーすれば、結果的に与ダメージを凌駕することになるでしょう。

★2 ハンス・クリスチャン・アンデルセン

STLv.65Lv.70Lv.80Lv.90Lv.100
HP8,4849,02110,09511,16912,244
ATK5,7586,1276,8667,5858,344
★2サーヴァントのレベルをLv.100まで上げるとなると、聖杯が10個も必要なので現実的ではないかもしれませんが、こと「★2 アンデルセン」に関しては、聖杯を使っても惜しくないサーヴァントです。

耐久パーティで引っ張りだこの彼は、スキル・宝具共に優秀ですが、HPの低さが一番のネックでした。
それでも倒されにくい故の起用ですが、その懸念もステータス上昇によって解消されます。
スキル・宝具が強力、ステータスも問題なし、低コストゆえの使いやすさと、一気に★5の耐久要員「マーリン」や「諸葛孔明」に肩を並べるサーヴァントになるでしょう。

まあ、それぞれの強みがあるので、どれか1騎を選択して起用するよりは組み合わせるのが一般的だと思いますが……。

★2 ゲオルギウス

STLv.65Lv.70Lv.80Lv.90Lv.100
HP9,2009,78210,94712,11213,278
ATK5,2365,5716,2436,9157,587
低レア帯の盾役と言ったらこの人。
通常の上限Lv.65でもHP9,000を越える★2らしからぬステータスでしたが、3ターン続くターゲット集中を活かすためには、HPを上げておくに越したことはありません。

攻撃を受けたらすぐに倒されて欲しいという活用法ならば、HPを上げるメリットはありませんが、粘り強くアタッカーを護りたいのであれば、聖杯転臨もおすすめです。

まとめ

Lv.上限引き上げに付き、HPATK両面のステータスがアップすることによる恩恵が高い、おすすめサーヴァントをいくつか紹介しました。
聖杯の数に限りが有るため、気になるサーヴァント全てに使用することはできませんが、Lv.80やLv.90止まりでも恩恵は大きいです。

自分に足りない戦力を増強したり特化型のサーヴァントを作ったり、性能的には物足りないけど愛でカバーしたりと自分の状況に応じて、効率的な聖杯転臨を行いましょう。

落ちモノ系パズルとFPSと音ゲーが好き。だけどもゲームの腕前が中間地点で止まってしまうのが悩み。ソシャゲは続かないことが多いですが、FGOだけは奇跡的に続いています。他に遊ぶゲームを模索中。

攻略中のゲーム