posted by 矢吹 at 2017/01/17 18:00

【今から始めるFGO攻略講座】「序盤の効率的な進め方 part1」チュートリアル終了後に引ける★4サーヴァント確定召喚は何を引くべき?

【今から始めるFGO攻略講座】「序盤の効率的な進め方 part1」チュートリアル終了後に引ける★4サーヴァント確定召喚は何を引くべき?

今から『Fate/Grand Order(FGO)』を始めたばかりの初心者に向けて、チュートリアル終了後に引ける★4サーヴァント確定10連召喚は誰を引くべきかをご紹介します。

【今から始めるFGO攻略講座】序盤の効率的な進め方 part1

【今から始めるFGO攻略講座】では、2016年に完結した第一部の評判を聞いたり、年末に放送されたアニメを見て『Fate/Grand Order(FGO)』を始めたばかりの初心者マスターに、『FGO』をより楽しむための攻略情報を発信していきます。
今回は第1回ということで、序盤を効率的に進めるために、チュートリアル終了後に引く、★4サーヴァント確定召喚は誰を狙うと攻略がスムーズになるか、おすすめサーヴァントを紹介します。
目次
サーヴァントの強さとレアリティの関係
サーヴァントの入手方法
★4サーヴァント確定召喚は何を狙うべきか
まとめ

サーヴァントの強さとレアリティの関係

本題に入る前に、★4サーヴァント確定召喚がどれほど貴重なのか、サーヴァントの強さとレアリティの関係から紐解いていきましょう。
これから『FGO』を始める初心者マスターは、熟練マスターに★3以下のいわゆる低レアサーヴァントでも活躍できるので育てよう!といった運用方法を聞いているかと思われます。
確かにその通りで、低レアサーヴァントでもしっかりと育てきれば第一線で活躍しますし、★4以上の高レアサーヴァントにも負けず劣らずのバトルを繰り広げてくれます。

また、育成手段が乏しい序盤の低レベル帯であれば、ステータスの差もさほど開かないので、場合によっては低レアサーヴァントのほうが扱いやすいこともあるでしょう。

レベルを上げればその差は顕著に

しかしながら、レアリティが異なると、初期はほとんどなかったステータスの差がどうしても開いていきます。また、サーヴァントにはレアリティ毎にレベル上限が決まっているので、最終的には高レアサーヴァントのほうがステータス水準が高くなります。

上記の画像は単純に同クラスの★3と★4サーヴァントの最終ステータスを並べたものですが、たったレベルが10違うだけで、随分とステータスに差があるのがわかると思います。両者はレアリティが異なる前に、別のサーヴァントですので、ステータスが異なるのは当たり前なのですが、レアリティの差はこのように最終育成時、育成途中でもステータスに反映されていきます。
では、数百、数千のステータス差がどのような場面で効いてくるのか。それは"倒される前に倒せ"という『FGO』の基本戦略を考慮すれば一目瞭然です。
▲チャージが貯まる前に倒すのが基本
と言うのも、敵サーヴァントは味方のHPが1万に満たない序盤でも、平気で数万のダメージを与える宝具を展開してきますし、サーヴァント以外の敵も強力なチャージアタックを仕掛けてきます。

宝具を展開されるかどうかは死活問題。その攻撃を逃れる対策(回避や無敵、ガッツなど)を講じておくのなら問題ありませんが、始めたばかりの初心者はそのような術を十分に用意できないと思われます。
そのため、チャージを完了される前に敵を倒すことが可能な、通常攻撃の与ダメージ量が多い=ATKが高い傾向にある=高レアサーヴァントがおすすめなのです。
▲相性が良いクラスであっても、宝具一発で戦況をひっくり返されることも
そのため、育成手段が乏しい序盤であっても、育成すればするだけそれに答えてくれる、高レアサーヴァントを運用するのが効率の良い攻略方法となります。
※序盤はステータスの伸びが悪く、終盤になって一気に成長するようなタイプもいるので一部例外があります。

サーヴァントの入手方法

では、序盤を有利に進めることが可能な、高レアサーヴァントはどのように入手できるのでしょう。
サーヴァントの入手機会は大きく分けて以下の4つです。

1.メインクエスト章クリア報酬
2.期間限定イベント報酬
3.フレンドポイント召喚
4.聖晶石召喚


このうち、★4以上の高レアサーヴァントを入手できるのは、2と4のみです。2はイベント内で"一定の条件をクリア"すれば必ず手に入りますが、イベント期間を逃すと手に入らないので、基本的には聖晶石召喚が入手手段かと思われます。
ですが、聖晶石召喚は課金要素ですので、おいそれと手を出しにくいですよね。

そのため、チュートリアル後に引ける、★4サーヴァント確定の10連召喚が始めたばかりの初心者にとって、とても重要になります。

★4サーヴァント確定召喚は何を狙うべきか

チュートリアルが終わると引ける10連召喚は、★4サーヴァント10騎の中からランダムに1騎を入手できる召喚です。
運用次第でいかようにも評価が変わるサーヴァントですが、序盤の効率重視という観点で選ぶのならば、「ヘラクレス」が大当たりです。なぜ、ヘラクレスがおすすめかと言うと、クラス相性にあります。

クラス相性とヘラクレスが当たりの理由

クラスには、セイバーはランサーに強くアーチャーはセイバーに強いそしてランサーはアーチャーに強いといった三つ巴の関係にあります。
ライダーキャスターアサシンの関係も同様です。相性が良い相手には与ダメージが増加し、被ダメージが半減するので、敵のクラス編成を見て、こちらのクラスを臨機応変に変えていくのがクエストを有利に進める攻略の基本です。

ですが、手持ちが少なく育成しているサーヴァントも少ない序盤はいちいち敵のクラスに合わせて、パーティの編成をし直すのが困難ですよね。そこで、重要になってくるのが前述したクラス相性の関係から外れているバーサーカーです。

バーサーカーはどのクラスに対しても与ダメージが増加します。その分、どのクラスからの被ダメージも増加してしまうデメリットがあるのですが、どのクラスに対しても増加したダメージを与えられるのは大きなアドバンテージになります。
▲シールダーへは等倍
前述したように、序盤は育成も追いついていなければ、敵に対応するクラスもまちまちです。そんな中、どのクラスにも対応できて与ダメージ量が大きいバーサーカーは、どんなクエストにも参戦させることができます。
これはデメリットを上回るメリットであり、クラス毎に別のサーヴァントを用意する必要がなく、育成素材をヘラクレスだけに集中できるので、序盤の攻略を効率良く進めることができるのです。
▲集中して育成可能

ヘラクレス以外の当たりサーヴァント

10連召喚で引けるバーサーカーはヘラクレスだけではありません。「タマモキャット」もクラスがバーサーカーですので、前述したような役割を持たせることができます。
では、何故ヘラクレスをおすすめと言ったのか、それは霊基再臨1回目で覚える回避スキルにて、バーサーカーなのに耐久性能が高いところにあります。また、Buster3枚のカード構成なので、Busterブレイブチェインを発動できるのもポイントですね。
コマンドカードバトルの基本を解説
▲カード配置と1stボーナスの関係、チェインについて解説しています。
タマモキャットも耐久スキル(防御力アップ)を覚えるのですが、霊基再臨3回目と覚えるまでにかなりの時間がかかるので、序盤のうちはヘラクレスのほうが安定します。
▲それぞれの最終的なスキル構成
また、ヘラクレス、タマモキャット以外のおすすめ★4サーヴァントは「エミヤ」と「カーミラ」、「シュヴァリエ・デオン」です。
バーサーカー以外のおすすめサーヴァント
それぞれの長所・おすすめポイントを簡潔に紹介すると、

・エミヤArts3枚ゆえにNPを貯めやすく、宝具を展開しやすいのがポイント。また、初期から回避スキルを所持しているので継戦能力が高いのも魅力。さらに、強化クエスト(最終再臨すると挑戦できるクエスト)をクリアするとスキルが大幅に強化されます。

・カーミラ:エミヤに負けず劣らずNPを貯めやすく、単体攻撃宝具なのでHPが高い敵への切り札になります。また、第一章は相性が良いライダーが多く出現するので無双できます。

・デオン:霊基再臨3段階で会得する、ターゲット集中スキルが強力。育成初期の序盤ではその真価を発揮できませんが、エミヤと同じく初期から回避スキルを持っているため継戦能力は高め。
もちろん、これらのサーヴァント以外も優秀なサーヴァントはいますが、序盤から活躍、もしくは将来を見据えて育成しておくと便利なサーヴァントは、名前を挙げたサーヴァントになると思われます。

目当てのサーヴァントが出るまで粘るべし

前述したように、★4サーヴァント以上、高レアサーヴァントはなかなか入手機会がありません。★4サーヴァント1騎確定召喚は、序盤に強力なサーヴァントを入手できる、またとないチャンスなので、自分が狙っているサーヴァントの召喚に成功するまでやり直すのも、始めたばかりうちは有りかもしれませんね。

次は、「序盤を効率的に進める方法 part2」と題して、各種クエストの紹介とフレンドに関するいろはについて触れていきますので、初心者マスターはお楽しみに!
序盤を効率的に進める方法 part2
▲メインストーリーやイベントどちらを優先すべきかなど進め方も紹介

眼鏡っ娘が主要キャラクターにいるのは良いゲーム、いないのは悪いゲーム。非眼鏡っ娘に脱着可能なゲームならば、神、いわゆるゴッド。

攻略中のゲーム