posted by 矢吹 at 2017/10/08 16:50

【FGO攻略】新規魔術礼装「2004年の断片」の入手方法・スキル性能を紹介!

【FGO攻略】新規魔術礼装「2004年の断片」の入手方法・スキル性能を紹介!

『Fate/Grand Order(FGO)』にて、新たに追加された魔術礼装「2004年の断片」の入手方法、スキル性能を紹介します。また、入手するためのクエスト情報もお届け!

「2004年の断片」の入手方法・スキル性能

『Fate/Grand Order(FGO)』にて、劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]」の公開を記念して、新規魔術礼装「2004の断片」が登場!
今回は、この「2004の断片」を入手するためのクエスト情報と、スキルの性能・活用方法をご紹介します。
目次
入手方法
クエスト情報
スキル構成
スキル活用方法
コード:F
コード:U
コード:H
まとめ

魔術礼装「2004年の断片」入手方法

開催期間中、カルデアゲート内に出現する「魔術礼装クエスト・2004年の断片」をクリアすることで、新規魔術礼装「2004年の断片」を入手することができます。

開催期間

2017年10月8日(日)13:00~10月22日(日)12:59まで

「魔術礼装クエスト・2004年の断片」クエスト情報

1/3スケルトン(剣)
HP3,128
竜牙兵(弓)
HP5,078
スケルトン(剣)
HP3,128
2/3スケルトン(剣)
HP5,654
竜牙兵(弓)
HP6,688
竜牙兵(弓)
HP6,688
3/3竜牙兵(弓)
HP7,573
竜牙兵(弓)
HP7,573
Sメドゥーサ(騎)
HP16,604
※S:シャドウサーヴァント
ドロップ
虚影の塵、竜の牙、弓の輝石

魔術礼装「2004年の断片」スキル構成

スキル効果継続CT
コード:F味方単体の宝具威力をアップ[Lv.]112
コード:U味方単体のBusterカードへのスター集中度をアップ[Lv.]112
コード:H味方単体のNP獲得量をアップ[Lv.]112

「2004年の断片」スキル活用方法

コード:F

左上は素の状態、右上は《コード:F Lv.1》を付与したの宝具ダメージです。
何回か試してみたところ、Lv.1の倍率は30%前後に収束したので、レベル最大になれば、今までの傾向からすると、50%まで宝具威力がアップすると思われます。

《軍略》や《嵐の航海者》で味方全体の宝具威力をアップできるものの、その倍率は低め。《コード:F》の対象は単体ですが、大きく宝具火力を向上させたい場合はこちらのほうが有利ですね。

コード:U

上の画像は、32個分のスター配布状況。
左は素の状態、右は《コード:U Lv.1》を「★4 エリザベート〔ブレイブ〕」に付与した状態です。
スターを8個も素のスター集中状態が高いライダークラスから奪い、確実にクリティカルを発生できるようになりました。ちなみに、エリザベートをバーサーカーにしても同じように奪うことができます。

▲バーサーカーとライダーの場合。左:使用前/右:使用後
Busterだけとは言え、スターさえあれば確実にクリティカルを発生させられるので、「★5 ジャンヌ〔オルタ〕」や「★5 土方歳三」のようなスター集中度が低いクラスの、Busterクリティカルアタッカーの運用が今まで以上にやりやすくなりますね。
また、BusterでもNPを稼ぎやすいサーヴァントなら、NP獲得量アップの第3スキル《コード:H》と合わせて、ダメージを稼ぎならNP稼ぎもできるでしょう。

コード:H

NP獲得量アップの倍率はLv.1の段階で約30%、こちらも他の魔術礼装の傾向からすると、最大レベルで50%になると思われます。
持続は1Tだけですが、任意の味方にNP獲得量アップを付与できるのは、「★5 ネロ〔ブライド〕」と「★3 メディア」のみなので希少な効果。

NPを溜めたいサーヴァントのブレイブチェインを発動できる時が1番恩恵を受けられますが、前述したように《コード:U》と組みあせた時のシナジー効果もあるので、サーヴァントのNP獲得手段により臨機応変に使っていくのがおすすめ。

「2004年の断片」まとめ・総評

Busterを中心に戦うサーヴァントにおすすめの魔術礼装です。
Busterが多いというとは《コード:U》の使用機会が多く、配布されることが少ないArtsQuickのNP獲得量が高めなので、1T限りの《コード:H》が活きてきます。
そして、NPを溜めた後は宝具威力がアップする《コード:F》の出番となります。総じて、攻撃特化の魔術礼装と言えるでしょう。

「★5 アルトリア・ペンドラゴン」のための魔術礼装

前述したように、Busterクリティカルアタッカーにおすすめの魔術礼装ですが、「2004年の断片」は「Fate/stay night」の主人公が通う高校の制服繋がりで、「★5 アルトリア・ペンドラゴン」との相性が抜群。

標準レベルのNP獲得量を《コード:H》で向上させ、《直感》で獲得したスターを《コード:U》を使いBusterクリティカルを発生、極めつけに《魔力放出》+《カリスマ》+《コード:F》の3重バフで宝具【約束された勝利の剣】を展開と序盤・中盤・終盤隙がありません。
スキルのコード名が「F:Fate」、「U:Unlimited Blade Works」、「H:Heaven's Feel」と「Fate/stay night」のそれぞれのルートの頭文字になっていることから、意図的なのかもしれません。

眼鏡っ娘が主要キャラクターにいるのは良いゲーム、いないのは悪いゲーム。非眼鏡っ娘に脱着可能なゲームならば、神、いわゆるゴッド。

攻略中のゲーム