posted by 矢吹 at 2017/10/14 19:00

【FGO攻略】「★3 メディア」性能評価。最高率の宝具回転率で敵にダメージを蓄積させながら、バフデバフ対処のスペシャリストとして活躍する若奥さまは魔女!

【FGO攻略】「★3 メディア」性能評価。最高率の宝具回転率で敵にダメージを蓄積させながら、バフデバフ対処のスペシャリストとして活躍する若奥さまは魔女!

『Fate/Grand Order(FGO)』の「★3 メディア(CV:田中敦子)」のステータス・スキル・宝具などの性能を評価。おすすめの概念礼装や相性の良いサーヴァントも紹介していますので、攻略の参考にしてください。

【FGO】「★3 メディア(CV:田中敦子)」性能評価

原作の「Fate/stay night」にてキャスタークラスとして顕現した「メディア」は若き日の姿(「★4 メディア〔リリィ〕」)と共に『Fate/Grand Order(FGO)』に登場。
本記事では、原作に登場した姿(若奥様)の「★3 メディア」のステータス・スキル・宝具などの性能、相性の良い概念礼装・サーヴァントの情報をお届けします。
目次
基本性能
ステータス・カード構成
NP・スター効率
霊基再臨・スキル強化素材
スキル性能・強化優先度
高速神言[A]
金羊の皮
キルケーの教え[A]
強化優先度
宝具性能
相性の良い概念礼装・サーヴァント
概念礼装
サーヴァント
まとめ
強い点・使える場面
弱い点・使えない場面
総評

「★3 メディア」基本性能

メディアのステータス・カード構成・クラススキル・属性/特性

名前Lv.MHPATKQAB
メディアLv.708,6437,418131
属性・特性クラススキル
地・女・中立・悪陣地作成[A]
道具作成[A]
メディアは★3キャスター内でHPが最低値ATKは最高値攻撃偏重のステータス
ただし、攻撃系のスキルを1つも保有しておらず、威力が高いBusterは1枚だけのカード構成なので、ダメージを出しにくい部類です。

とは言え、宝具を含めて4枚のArts性能を上げる《陣地作成》が[A]と高水準なことと、カード性能・スキル効果的に全サーヴァント屈指の宝具回転率なので、宝具の連発をもってダメージを蓄積していくタイプと言えます。

ちなみに、弱体付与成功率を上げる《道具作成[A]》を持ちますが、メディア自身はデバフスキルを保有していないので、意味のないクラススキル。今後の強化に期待ですね。

メディアのカード性能(ヒット数/NP獲得・スター発生効率)

※NP獲得量は相手のクラスによって異なります。
※獲得数0のカードは表記していません。
※宝具の対象は敵1体です。
メディアのカードヒット数
ArtsBusterQuickEX宝具
11231
メディアの単体・Arts1stNP獲得量
123EX
Arts7810
A1stArts 912
Quick346
A1stQuick 89
A1stBuster 11
EX 4
A1stEX 9
宝具5
※宝具の効果によるNPリチャージは除く。
メディアの単体・Quick1stスター発生数
123EX
Quick223
Q1stQuick 34
EX 3
Q1stEX 3

メディアの霊基再臨素材・スキル強化素材

メディアの霊基再臨素材
段階再臨用素材
1段階術ピースx4
2段階術ピースx8、竜の牙x12
3段階術モニュメントx4、虚影の塵x13、蛮神の心臓x2
4段階術モニュメントx8、蛮神の心臓x3、禁断の頁x8
メディアのスキル強化素材
レベル変動強化素材
Lv1→Lv2術の輝石x4
Lv2→Lv3術の輝石x8
Lv3→Lv4術の魔石x4
Lv4→Lv5術の魔石x8、虚影の塵x7
Lv5→Lv6術の秘石x4、虚影の塵x13
Lv6→Lv7術の秘石x8、竜の牙x8
Lv7→Lv8竜の牙x16、ゴーストランタンx4
Lv8→Lv9ゴーストランタンx12、禁断の頁x16
Lv9→Lv10伝承結晶x1

「★3 メディア」の保有スキル性能・おすすめスキル強化優先度

高速神言[A]

保有スキル効果継続CT
高速神言[A]自身のNPをものすごく増やす[Lv.]9
"ものすごく増やす"の文字通り、NPを大量に増加するスキル。
Lv.1時点でも80%増加と破格の性能ですが、Lv.4にすればNP0%の状態から宝具を瞬時に展開できる101%にまで増加。

単純なダメージソース敵の厄介なバフを宝具の効果(強化解除)で打ち消すArtsチェインに組み込む宝具チェインに組み込むなど、回転率が高い宝具の使い道は様々。
ちなみに、CTー1のLv.6では115%、さらに―1のLv.10では150%NPが増加します。
CTが1T短くなるということは、それだけ宝具を早く展開できるということに繋がるので、NPの増加量が過剰でもレベルを上げる価値は十分にあります。
また、Lv.10の150%は、メディアのNP効率からするとすぐに200%に到達するので、容易にオーバーチャージできるようになるとも言えます。

金羊の皮

保有スキル効果継続CT
金羊の皮皮を愛でて自身のHPを回復[Lv.]6
自身のHPを回復するだけの単純なスキルですが、Lv.10ならCTが4TのHPを2,500回復する、短スパンのHP回復スキルになるので、メディアの低いHPをカバーして場に留まらせます。
場に留まり続ければ、それだけ宝具を展開できる回数も増えるので、なるべくレベルを上げたいスキルです。

キルケーの教え[A]

保有スキル効果継続CT
キルケーの教え[A]味方単体の弱体状態を解除8
味方単体のNP獲得量をアップ[Lv.]1
第1・第2スキルは全て自身に作用する効果でしたが、強化クエストをクリアすることで、味方のサポートも可能なスキルを習得します。
もちろん、メディア自身に使用して弱体を解除したり、NP効率をさらにアップするのも良いですが、メディアのNP効率は素の状態で高水準なので、低水準のサーヴァントに付与するほうが有効なこともあるでしょう。
ちなみに、メディアのArtsブレイブチェインは素の状態でNPを31%獲得しますが、《キルケーの教え[A] Lv.10》を付与すると46%に増加。
また、宝具Artsブレイブチェインなら、リチャージ込みで49%、スキル使用で64%と後者なら《高速神言[A] Lv.10》を使用することで、すぐさまOC200%状態に

このように、NP効率を大きく向上させるスキルですが、持続は1Tと瞬間的なので弱体解除も活きる機会は限定的。高難易度クエストなどでは、敵のデバフが脅威なことが多いのでそちらをメインに、デバフを気にしなければタイミングを見計らってNP効率を向上させましょう。

メディアのスキル強化優先度

《高速神言[A]》は、すぐさま宝具を展開できるようなるLv.4が大前提
《金羊の皮》はメディアの場持ち性能を高めるので、こちらもできるだけ上げましょう。
《キルケーの教え》のNP獲得量アップをメインにするのなら、Lv.1でも割りと獲得量がアップしますが、CTを短縮すればデバフへの対処やArtsが揃ったタイミングで気軽に使用できるによるので、Lv.6を目指すのがおすすめ。

「★3 メディア」の宝具性能

宝具名種類効果
破戒すべき全ての符A敵単体に強力な攻撃[Lv.]
&敵単体の強化状態を解除
+自身のNPをリチャージ<OC:効果UP>
<強化後>敵単体に強力な攻撃[Lv.]
&敵単体の強化状態を解除
+自身のNPをリチャージ<OC:効果UP>
※太字の箇所は強化・追加された効果。
幕間の物語「魔女の箱庭」をクリアすることで、宝具の威力が増加。
宝具の連発が可能なメディアにとって、宝具威力の増強はメイン火力の増強に繋がるので、開放され次第クリアしましょう。

強化解除の連発が可能

強化解除の効果を持ったスキル・宝具は多々ありますが、スキルは任意のタイミングで使えるものの一度使ったらCT分待ち宝具はNPを溜める必要があるので、単騎で強化解除を連発することは不可能に近い芸当でした。

しかしながら、瞬時にNPを100%まで溜めることが容易なメディアはそれが可能。短いスパンで宝具を展開できるメディアにとっては、バフを積み上げるために行動回数を消費する敵は

注意点としては、「ダメージ→強化解除」の順で判定があるので、敵が回避や無敵などでダメージを回避する場合は、宝具ダメージが通らないこと。ただし、ガッツによる復活は阻止するので、そのまま止めを指すことができます。

「★3 メディア」と相性の良い概念礼装・サーヴァント

メディアと相性の良い概念礼装

宝具を連発できるとは言っても、攻撃系スキルを持っていないこともあり、一発一発の与ダメージは抑え気味。「Arts性能アップ」礼装を装備して、基本Artsしか選ばない自分の火力を向上させるのがおすすめ。

また、「宝具威力アップ」を装備して宝具一発の火力を高めるのも有り。特に「★5 黒の聖杯」は宝具威力を大幅に向上する代わりに、毎ターンHPを減少する礼装ですが、デメリット分のHP減少値は《金羊の皮》で相殺できるのでおすすめです。
概念礼装効果
フォーマルクラフトArts性能25%UP
アフタヌーン・パーティー毎ターンNP4%獲得&Arts性能10%UP
キュート・オランジェットNP獲得量25%UP&宝具威力15%UP
カレイドサファイアArts性能10%UP宝具威力8%UP
黒の聖杯宝具威力60%UP&毎ターンHP500減少

メディアと相性の良いサーヴァント

Artsチェインを回せるように、宝具を含めてArtsが4枚のカード構成が大前提。それを踏まえつつ、相性が良い概念礼装と同じ理由で、メディアの火力をアップできる火力支援型のサーヴァントがおすすめです。
サーヴァントおすすめ理由
玉藻の前(術)強力なA性能アップを付与できる。
宝具のCT短縮でメディアの宝具回転率アップ。
ジャンヌ(秤)宝具の無敵付与や防バフでメディアを生き延びらせる。
低いNP効率を《キルケーの教え》でカバー。
ギルガメッシュ(術)攻撃・A性能バフでメディアの火力アップ。
宝具の防御力アップで耐久もアップ。
メフィストフェレス(術)強化無効(3回)を付与&メディアの宝具と合わせて敵のバフを防ぐ。

「★3 メディア」性能評価まとめ

メディアの強い点・使える場面

高い宝具回転率で敵のバフを尽く打ち消しながら、ダメージを蓄積していくことが可能。
また、★3以下のサーヴァントで弱体解除と強化解除両方をこなせる唯一のサーヴァントなので、バフデバフが入り乱れる高難易度クエストにおいてのコスト調整、Arts1stボーナス起点、チェインの組み込み役としても重宝します。
※★4以上でも両方をこなせるのは「★4 マルタ」のみ(2017年10月現在)

メディアの弱い点・使えない場面

レア度相応の火力なので、メインアタッカーとして用いるには、役者不足感は否めず、敵を倒すのに手間取って結果的に被ダメージが増大してしまうでしょう。
また、短スパンのHP回復スキルを持ちつつも、やはり低いHPから持久戦が得意ではありません

メディアの性能まとめ・総評

単体攻撃宝具持ちのキャスターは「★5 玄奘三蔵」「★5 イリヤスフィール」「★4 オケアノスのキャスター」、そしてメディアしかいないので、それだけで対アサシン用のアタッカーとして活躍できます。

また、ダメージソースとなる以外にもバフデバフ対処要員として、メディアにしかできない運用が可能なので、火力・耐久面で心許ない点はありますが、そこをフォローしてあげれば、高難易度クエストでも屈指の活躍を見せてくれるでしょう。

眼鏡っ娘が主要キャラクターにいるのは良いゲーム、いないのは悪いゲーム。非眼鏡っ娘に脱着可能なゲームならば、神、いわゆるゴッド。

攻略中のゲーム