posted by wata at 2017/11/05 11:00

【FGO攻略】大ダメージの出し方を解説。クラス・天地人補正などサーヴァント同士の相性や各種バフの仕様を把握して、効率良く与ダメージを伸ばそう!

【FGO攻略】大ダメージの出し方を解説。クラス・天地人補正などサーヴァント同士の相性や各種バフの仕様を把握して、効率良く与ダメージを伸ばそう!

『Fate/Grand Order(FGO)』のバトルで大ダメージを狙うコツを解説。本記事では、『FGO』でのクラス・天地人補正などサーヴァント同士の相性や各種バフを利用した、効率の良いダメージの伸ばし方(火力の出し方)を紹介します。

【FGO攻略】ダメージの伸ばし方解説

『Fate/Grand Order(FGO)』に出現する敵は、味方のHPを遥かに越えるHPで出現することが大半で、中には数百万のHPを伴って登場することも。
しかしながら、一撃で敵のHPを大幅に削るような、大ダメージを与える方法を知っていれば、どんな敵が来ても恐れることはありません。

そこで今回は、『FGO』の戦闘におけるダメージの伸ばし方(火力の出し方)を解説。
各クラスの特徴やバフの仕様を把握して効率良くダメージを与えていきましょう!
目次
クラス相性
クラス補正
天地人
バフの種類
攻撃力強化系統のバフ
カード強化系バフ
その他のバフ
宝具特攻
まとめ

クラス相性

サーヴァントのクラス相性を把握し、有利クラスで挑むのが『FGO』の戦闘の基本。有利な相手には基本的に2倍のダメージを与えることができますが、バーサーカーとアルターエゴは有利クラスが多い反面、ダメージが1.5倍になっています。
複数のクラスが登場せず、ダメージを与えたい相手のクラスがはっきりしている場合は、2倍のダメージを与えられるクラスのサーヴァントを連れて行くのがダメージを伸ばす基本です。
クラス攻撃有利攻撃不利
セイバー(剣)槍・狂弓・裁
アーチャー(弓)剣・狂槍・裁
ランサー(槍)弓・狂剣・裁
ライダー(騎)術・狂殺・裁
キャスター(術)殺・狂騎・裁
アサシン(殺)騎・狂術・裁
バーサーカー(狂) 盾以外全て(1.5倍)-
ルーラー(裁)
アヴェンジャー(讐)
ムーンキャンサー(月)
アルターエゴ(分)騎(1.5倍)
殺(1.5倍)
術(1.5倍)
剣・弓・槍
シールダー(盾)相性の有利不利なし

クラス補正

各サーヴァントにはそれぞれHP/ATKの数値が割り振られていますが、ATKのみクラス毎に設定された補正が掛かります。そのため、同じATKで相性が変わらない相手であっても、クラス(補正)が異なると与ダメージに違いが生じる場合も。

以下の表に、ATK補正が設定されているクラスをまとめています。
倍率クラス
1.1倍バーサーカー
ルーラー
アヴェンジャー
1.05倍ランサー
0.95倍アーチャー
0.9倍キャスター
アサシン
※表にないクラスは、ATKに変化が生じないクラス。
例を上げて説明すると、キャスターの「★5 イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」のLv.90時のATKは10,857ですが、実際の戦闘ではATKが9,771で計算されています。
そのため、0.9倍の補正が掛かるアサシンとキャスターはダメージを与えるときには不利と言えます。しかし、クラスの有利不利を覆すほどの倍率ではないので、有利クラス相手では問題なくアタッカーとして活躍できます。

天地人

下記の画像は同条件での「★5 アルトリア・ペンドラゴン」の宝具ダメージ。
▲左:不利な天属性/中央:等倍の地属性/右:有利な人属性
クラス相性とは別に、各サーヴァント毎に設定された天地人属性でもダメージが増減します。

基本はの3すくみで、有利属性に対して1.1倍、不利属性に対して0.9倍のダメージ補正がかかります。
また、天・地・人以外の例外としても存在。お互いに与ダメージが1.1倍になり、不利な属性は存在しません。
天・地・人の見分け方
天・地・人の属性は、サーヴァントの特徴である程度見分けることができるので、頭に入れておくのも有り。ただし、例外のサーヴァントも多く存在するため、確実な判別方法とは言えません。
属性特徴
神霊クラスのサーヴァントが大半を占め、神話や伝説上の人物が中心。
ex:ギルガメッシュ、クー・フーリンなど。
土着の説話などの登場人物、物語で語られる英雄が中心。
ex:アルトリア、ジークフリートなど。
歴史上の偉人が中心で、近現代のサーヴァントはほとんどが人属性。
オルタ化したサーヴァントの大半が人属性になる。
ex:エミヤ、ネロなど。
例外のサーヴァント達で、スキル《星の開拓者》の所持者が属している。
ex.ドレイク、ジャンヌ・ダルク、謎のヒロインXなど。
現状「殺生院キアラ」のみが該当するイレギュラーな属性。

バフの種類

『FGO』には多くのダメージを増加させる手段(火力バフ)が存在していますが、ダメージ計算式上では、「ATK強化系」「カード強化系」「その他系」「宝具特攻系」の4種類に分けることができます。具体的には以下の通り。
系統種類
ATK強化系味方の攻撃力アップ
敵の攻撃力ダウン
カード性能アップ系味方のカード性能アップ
敵のカード耐性ダウン
その他系味方クリティカル威力アップ
味方宝具威力アップ
味方への特攻付与
宝具特攻系宝具による特攻攻撃
では、具体的にどのようにバフを付与すれば、効率的にダメージを伸ばすことができるかですが、『FGO』では同じ系統のバフ(攻撃力アップ×2)を付与するよりも、別系統のバフ(攻撃力アップ×Buster性能アップ)を付与した方が、火力を出しやすくなっています。その理由として、同系統のバフ同士を組み合わせた時の倍率は加算で、別系統は乗算扱いになるためです。ダメージ算出には火力バフ以外も影響するため、一概には言えませんが、以下のようになります。
火力バフの組み合わせ計算式与ダメージアップ量
攻撃力20%アップ、攻撃力50%アップ1.2+1.51.7倍
攻撃力20%アップ、Buster性能アップ1.2×1.51.8倍
上の画像は、「★5 天草四郎」がBuster性能アップスキル《神明裁決(偽)》を使用した上で、別系統の「宝具威力50%アップ」を付与した時と、同じ系統の「Buster性能50%アップ」を付与した時のダメージです。

付与したバフはそれぞれ同じ倍率ですが、左の「宝具威力50%アップ」を付与した時の方が、約10,000ほど多くダメージが出ています。このようにできるだけ別系統のバフを付与するのが、より大きなダメージを与えるコツと言えるでしょう。

攻撃力強化系統のバフ

攻撃力アップ」と言う効果を持つスキル・礼装は全てこの系統。《カリスマ》《怪力》カルデア戦闘服の《全体強化》などが代表例です。

また、スキル《拷問技術》などで敵に付与できる「防御力ダウン」も、同じ系統として加算されます。そのため、「防御力ダウン」を利用してダメージを上げる場合は「攻撃力アップ」以外のバフを利用した方が伸ばしやすいと言えます。

カード強化系バフ

「◯◯カード性能アップ」などのカードの種類を対象にしたバフがこの系統に属します。《魔力放出》《狐の嫁入り》などのスキルや「イマジナリ・アラウンド」などの礼装が代表例です。「攻撃力アップ」と異なり、特定のカードにしか作用しないため、EXアタックのダメージを伸ばすことはできません。
クラススキルもこの系統
Busterカード性能を上げる《狂化》、Artsカード性能を上げる《陣地作成》、Quickカード性能を上げる《騎乗》などのクラススキルも同系統として計算されます。
特殊なカード耐性デバフ
★5 カルナ」や「★3 百貌のハサン」の宝具効果である「〇〇カード耐性ダウン」効果もこの系統。
イベントの特殊ギミックなどで登場することもあるので、覚えておきましょう。

その他のバフ

上記の2系統のバフに該当しないバフのほとんどが、この系統として計算されます。代表例は「宝具威力アップ」や「クリティカル威力アップ」などです。
特攻もこの系統
スキル・宝具・礼装で付与される特攻もこの系統。後述する「宝具特攻」と「宝具で付与される特攻」は似ているようで計算式上は別物として扱われるので注意が必要です。
イベントでサーヴァントや礼装に付与される特攻もこの系統。
常にこの系統のバフが付与されていることになるので、特攻が付与されたサーヴァントは少しのバフでも超高火力を実現できます。

宝具特攻

効果で付与された特攻とは別に、宝具による攻撃自体に付与されている特攻は別系統として計算されます。
別の系統のバフになるので、前述した3つと組み合わせれば、超高火力を実現可能。ただし、この系統のバフを付与する手段がないため、宝具特攻攻撃を持っているサーヴァントだけの特権的な火力と言えますね。
宝具特攻攻撃サーヴァント一覧
サーヴァント特攻内容
モードレッド(剣)アーサー
ジークフリート(剣)竜特性
ラーマ(剣)魔性
ギルガメッシュ(弓)サーヴァント(一部無効)
テスラ(弓)天・地属性サーヴァント
織田信長(弓)騎乗スキル特攻
ロビンフッド(弓)
エウリュアレ(弓)男性
カルナ(槍)神性
ブリュンヒルデ(槍)愛する者
玉藻の前(槍)男性
ヴラド三世(槍)
女王メイヴ(騎)男性
不夜城のキャスター(術)
謎のヒロインX(殺)アルトリア顔
カーミラ(殺)女性
加藤段蔵(殺)魔性
Xオルタセイバーのサーヴァント
織田信長神性

『FGO』ダメージの伸ばし方まとめ

『FGO』でのダメージが伸びる要素を簡単に紹介してきました。その中でも大ダメージを出すのに重要なのは、「クラスの有利不利」「違う系統のバフを付与する」の2点。また、使用者の限られた「宝具特攻」は他と一線を画す超高火力を実現できます。

意識的に「攻撃力」「カード性能」「宝具強化やクリティカル威力アップ」の3種類のバフを同じサーヴァントに付与するのが大ダメージへの近道なので、スキルや礼装ごとの効果を把握してより効率良くダメージを与えて行きましょう。

後ほど、宝具やクリティカルで大ダメージを出す方法を紹介する記事を掲載予定なので、具体的な火力の出し方を知りたい方はそちらもチェックしてみてください。

攻略中のゲーム