posted by ギース at 2017/06/16 11:50

【オセロニア攻略】「強駒パレード」限定Sキャラの性能評価まとめ。即戦力の当たりキャラをチェックしておこう!【随時更新】[PR]

【オセロニア攻略】「強駒パレード」限定Sキャラの性能評価まとめ。即戦力の当たりキャラをチェックしておこう!【随時更新】[PR]

『逆転オセロニア』にて、ガチャイベント「強駒パレード」限定Sキャラの性能評価を紹介します。限定駒も複数あるので、当たりキャラを把握しておきましょう!

「強駒パレード」限定キャラクター性能評価

『逆転オセロニア』のガチャイベント「強駒パレード」限定Sキャラクターを性能評価

「強駒パレード」では、各属性から様々なタイプの使える駒が揃っています。汎用性抜群の駒、コンセプトデッキでポテンシャルを発揮する駒など色々とあるので、当たりキャラを見極めて、ぜひデッキ強化に役立てていきましょう!
目次
強駒パレード限定キャラクター性能評価一覧
[嗜虐の悦魔]トルトゥーラ(進化)
[愛の牢獄]トルトゥーラ(闘化)
[叡智の書]ヒアソフィア(進化)
[大賢の女神]ヒアソフィア(闘化)
[暴風竜]アイレ・ストルム(進化)
[猛る轟嵐]アイレ・ストルム(闘化)
[極光の女神]アウロラ
[暴虐の暗竜]ダウスタラニス
[増殖の腐腫]モルフス
[守護の猫神]バステト
[邪毒の蜘蛛]スパルム(進化)
[蜘蛛の生贄]スパルム(闘化)
[大監獄の帝竜]ガルディラ(進化)
[解放されし暴虐]ガルディラ(闘化)
[天啓の守護]マクス
[星辰の双玉]レヴメナス(進化)
[闘諍の調停者]レヴメナス(闘化)
[呪いの音色]ヴィルニー(進化)
[狂気の演奏者]ヴィルニー(闘化)

強駒パレード限定キャラクター性能評価一覧

[嗜虐の悦魔]トルトゥーラ(進化)

トルトゥーラ(進化)は、魔属性の罠駒。レアリティごとに攻撃力が同じなのでベルフェゴールなどの罠駒と併用して、牽制することができる。返せるダメージも通常ダメージ特殊ダメージの両方を返すことができるので、どのタイミングで出しても腐ることはない。

スキル、コンボスキルともに属性依存がなく使いやすい汎用性も魅力。しかしながら次のターンで絶対に発動してしまうため、貫通や攻撃力の低い駒を打たれてると弱い。

[愛の牢獄]トルトゥーラ(闘化)

トルトゥーラ(闘化)は、魔属性の罠駒。進化と特徴は似ているものの、カウンターの割合が上昇し、2枚ちょうどひっくり返した時という発動に条件が付けられた。その為、相手を惑わせる罠駒としては進化よりも優秀。

コンボスキルは盤面の全ての駒数に応じた特殊ダメージを与えられる能力で、進化時よりも使いやすくパワーアップしている。スキル・コンボスキルともにほぼ進化の上位互換といった印象。

[叡智の書]ヒアソフィア(進化)

ヒアソフィア(進化)は、神属性のデバフが強力な駒。次のターンの相手のATKを99%カット(スキルLv.Max時)してくれるので、1ターン延命できる確率が高い。しかも防御ではないので、レグスダウスタラニスなどの貫通竜にも効果が効くのが最大のメリット。

代わりにヴァイセウルなどのATK依存のない特殊ダメージを放つ駒に対しては効果が薄いものの、それでもATK分のダメージはカットされるので、延命手段としては現環境でヒアソフィアを上回るキャラクターはいない。接戦時には、この延命効果は絶大。

属性依存もなく、コンボの回復も強力なので、回復耐久デッキではもちろんのこと、色んなタイプのデッキに組み込める。タイミングとしては次のターンで決められる可能性がある時に出すのがベスト。

[大賢の女神]ヒアソフィア(闘化)

ヒアソフィア(闘化)のスキル「賢者の秘術書」は、HPが40%を切った時に発動できる防御。強力なダメージ軽減ではあるものの、進化はデバフで闘化は防御なので、強力な貫通駒は影響を受けないので注意したい。

コンボスキルは終盤で強力な回復能力を持つ。スキルの強力なダメージ軽減と合わせれば、状況をひっくり返し、HPで優位に立てる可能性もある。しかしながらスキルが貫通に刺さらない分、進化時の代わりにはならない為、用途に応じて使い分けるのがおすすめ。

[暴風竜]アイレ・ストルム(進化)

アイレ・ストルム(進化)は、HP依存ではあるものの、属性依存のないバフを持つ竜駒。特に貫通でもなく、竜属性ではアイレ・ストルムを上回る攻撃力を持つS駒は他にも多くいるため、竜染めデッキよりも神デッキなどに組み込むほうが汎用性は高い。

また、スキル、コンボスキルともにHP依存で効果を発揮するため、神属性が多く持つオーバーロード(最大HP増加)などのスキルとの相性も良い。

しかしながらコンボスキルの条件が若干厳しめなので、フィニッシャーとして使うのがおすすめ。

[猛る轟嵐]アイレ・ストルム(闘化)

アイレ・ストルム(闘化)は、HPが20%以下になると発動できるスキル「テンペストブラスト」を持つ。発動条件が非常に厳しいので、発動できる状態になったらフィニッシャーとして使いたいところ。

また、コンボスキルはHPが減少するほど威力の上がるバフとなっている。スキル・コンボスキルともに最大限生かせれば強力ではあるものの、使用する上ではひと工夫必要そうだ。

[極光の女神]アウロラ

アウロラは、特殊ダメージを軽減する防御を持つ神駒。竜デッキ相手には役に経つ場面はあまりないものの、ヴィクトリアエンテガなどの対策駒として非常に有効で、現環境では使いどころの多いキャラクター。

また、コンボスキルの発動条件は厳しいものの、スキルLv.Maxで通常攻撃ダメージの1.7倍の特殊ダメージを与える能力なので、発動できればフィニッシャーを待たずして勝負を決められるような火力を出すことが可能。

[暴虐の暗竜]ダウスタラニス

ダウスタラニスは、竜属性の貫通バフを持つ駒。属性依存もないので汎用性では超駒であるレグスを超える。混合デッキに組み込む貫通キャラとしては、間違いなく活躍どころが多い。弱点もなく、文句なしの当たりキャラ

竜デッキではもちろんのこと、神デッキとの親和性も高く、様々なデッキの罠・カウンター対策フィニッシャー兼アタッカー要員として活躍できる。

[増殖の腐腫]モルフス

モルフスは、毒駒を召喚することができるスキルを持つ魔駒。ひっくり返したマス全てに召喚するので、アドバンを組み込んだ毒デッキでの活躍が期待できそう。また、盤面に魔駒を増やすことになるので、リンクスキルを持つ魔駒との相性も良い。

しかしながら盤面状況の影響をかなり受けるので、それほど使い勝手は良くはない。コンボスキルも弱くないものの、盤面の展開次第では自分も影響を受けてしまうため、全体的に使いどころを見極めるのが重要となってくるキャラクター

▼召喚されるキャラクターはこちら
左:スキルLv.1時
中:スキルLv.2時
右:スキルLv.Max時

[守護の猫神]バステト

バステトは、少し変化球な特殊ダメージを持つ神駒。スキルの「シストラムクロウ」は非常に強力だが、自傷ダメージを受ける。オーバーロード(最大HP増加)などのスキルとの相性も良く、目的としてはヴィクトリアエンテガハーピストエンジェルが持つ強力なスキルの発動を早めることができるのが利点。

コンボスキルの回復も使い勝手が良いものの、やはり癖は強いスキルなので活かせるデッキは限られてくる

[邪毒の蜘蛛]スパルム(進化)

スパルム(進化)は、毎ターン上昇する毒が魅力の魔駒。闘化と比べると上昇率は低いものの、進化のほうが最初に与える毒ダメージが大きい。しかしながら、継続的なダメージで見るとやはり闘化のほうがダメージを与えられる。

コンボスキルは、HPが減少していないほど通常攻撃が上昇するバフになっており、闘化とは逆の特性を持つ。闘化と比べると全体的に序盤よりの能力のため、区別するなら編成も序盤から火力が出るデッキに組み込むのが良さそうだ。

[蜘蛛の生贄]スパルム(闘化)

スパルム(闘化)は、進化と同じく、毎ターン上昇する毒が魅力の魔駒。進化と比べると最初に与える毒ダメージが少ないものの、上昇する値は進化の4倍のため、より継続的な効果が期待できるのは闘化。また、ターン数が重なるほど効果が増していくため、なるべく序盤に打っておきたいところ。手に入れたならヘイランに替わる強力なリーダー向きの毒駒になる。

コンボスキルは、HPが減少するほど通常攻撃が上昇するバフになっており、進化とは逆の特性を持つ。その為、拮抗したバトルではより逆転が狙いやすく、進化か闘化かで育成を迷っているなら闘化がおすすめ

[大監獄の帝竜]ガルディラ(進化)

ガルディラ(進化)は、盤面にでればデネヴの闘化と同じだけのバフ効果を発揮する竜駒。他の同じく全体にバフ効果がある駒と合わせれば、コンボを繋げなくても絶大なバフ効果を発揮する。ただ竜では貴重なS枠を埋めることになるので、汎用性としては微妙なところ。

コンボスキルも発動できるかどうかは相手の打ち方次第のところが大きいので、打ち方にもある程度気を使わないと上手く活用するのは難しそうだ。

[解放されし暴虐]ガルディラ(闘化)

ガルディラ(闘化)は、時間差で発動する時限スキルを持つ竜駒。

2ターン後に1.8倍(スキルLv.Max時)のバフ効果が加わる為、そのタイミングで竜駒を打てれば無条件で効果が上乗せされることになる。さらに盤面上にある駒のバフとコンボスキルを繋げることができれば、2つのコンボスキルが発動することと同義になり、試合を決めるような一撃を与えやすい。

しかしながら発動までの猶予がある分、相手に対策を取られやすい能力でもあるので、使いどころを見極めるのは重要。

[天啓の守護]マクス

マクスは、スキル・コンボスキルともに汎用性のある神駒。超駒アンドロメダとは若干似た性能。

スキルの「アミタ・ティタニオン」は4ターンもの間、受けた通常ダメージを70%軽減(スキルLv.Max時)する。特殊ダメージは軽減できないものの、アンドロメダよりも1ターン長く効果を発揮するのが特徴。

そして、何と言ってもコンボスキルの「リヴォル・スパーク」が非常に凶悪。ハーピストエンジェルブレスドソーディアン強化版となる能力になっており、属性依存もない為、竜駒とも合わせやすい1.7倍という数値もアンドロメダよりも高く、発動できれば大きなダメージを相手に与えられそうだ。

[星辰の双玉]レヴメナス(進化)

レヴメナス(進化)は、スキルに貫通バフを持つ竜属性のSキャラ。倍率も最大で1.9倍となっており、貫通を持つバフの中では非常に優れた威力を誇る。しかし1枚返しのみでしか発動しない為、レグスイモードラなどが持つ2枚返し以上で発動するバフとのコンボが繋げられないので注意したいところ。

コンボスキル「歪み正す星辰」は、2枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できるバフ。倍率は最大で2倍になっており、発動できれば良いアシスト役となりそうだ。

[闘諍の調停者]レヴメナス(闘化)

レヴメナス(闘火)は、スキルに時限貫通バフを持つ竜属性のSキャラ。スキル「対なる無尽の力」自身ではなく味方を生かす能力になっている為、使いどころが非常に重要。貫通だけでなくバフも付与されることから、次の手のビジョンも考えながら盤面に出したいところ。

コンボスキル「調停の波動」は、発動条件のない使いやすいバフ。自身のHPが減少するほどバフ倍率が上昇する為、自身のスキルと合わせて使い、さらなる相乗効果を狙うのがおすすめ。

[呪いの音色]ヴィルニー(進化)

ヴィルニー(進化)は、スキル・コンボスキルともに盤面の駒数だけ特殊ダメージを与える能力を持つ。盤面の状況関係なしに駒の総数分のダメージを与えることができるのが特徴。

しかしながら、長期戦向きの性能ではあるのものスキル・コンボスキルともにHP依存なので、回復を軸とした耐久デッキに組み込むのは危険HPが高めの混合デッキデバフデッキ終盤のアタッカーとして使うのがおすすめ。

[狂気の演奏者]ヴィルニー(闘化)

ヴィルニー(闘化)は、魔染めデッキで効果を発揮する魔属性のS駒。

スキル「騒乱のセレナーデ」は、相手の手駒に混乱を付与することができる能力。発動条件は魔染めデッキであることと、3枚以上ひっくり返せるマスでなくてはならないものの、発動すれば2ターンの間、大きなアドバンテージを得ることができる。

コンボスキル「奪取のソナタ」は、スキルと同じく魔染めデッキでのみ発動する強力な吸収能力。魔デッキでの吸収は貴重な回復ソースにもなる為、スキルの発動が難しいと判断したなら、こちらのコンボスキルを生かすように打つのも有り。

無料逆転オセロニア

メーカー ディー・エヌ・エー
ジャンル ボード

初めてハマったゲームは「川のぬし釣り2」という異端児。でも実際の釣りはほぼしません。ゲームに関しては雑食で、RPG、STG、RTS、SLGとなんでもやります。最近熱いのはオセロニアとシャドウバース!

攻略中のゲーム