posted by ずぇ at 2016/09/10 17:00

【ポケモンGO攻略】ナッシーの評価とおすすめわざを紹介!

【ポケモンGO攻略】ナッシーの評価とおすすめわざを紹介!

『ポケモンGO』で強ポケモンと呼ばれているポケモンのおすすめわざを紹介!今回は、ステータスが高くジムを攻めるのに向いているポケモン「ナッシー」を評価していきます。

ナッシーの評価とおすすめわざ

『ポケモンGO』で、タマタマを進化させると入手できるナッシー。3つの頭部があるコミカルな外見とは裏腹に、全体的にステータスが高く、最大CPは第一世代で登場するポケモンの中でも10位を誇るポケモンです。
進化にはタマタマのアメが"50個"必要ですが、タマタマは比較的出現しやすいポケモンなので、すぐにアメを集めて進化させる事も可能です。

そこで今回は、ナッシーのおすすめのわざを紹介していきます。

ナッシーの評価

ナッシーはくさエスパータイプのポケモンで、覚える通常攻撃はエスパーのみ、必殺技はくさエスパータイプを覚えます。その為、じめんいわみずかくとうどくタイプのポケモンとのバトルは得意で、あくむしこおりゴーストひこうほのおどくタイプのポケモンには苦戦します。

ジムによく配置されているシャワーズギャラドスと相性が良いので、みずタイプのポケモンと戦う時はナッシーを使うのがおすすめ!

ナッシーのおすすめわざ

上記は、ナッシーが覚える“わざ”と“DPS”となります。
もっと詳しい情報(相性、耐性…etc)はこちらを参照してください。

ちなみにDPSというのは用語集でも書いた通り、1秒あたりに与えるダメージ量のことを指します。一発の威力が高くても、発動までのクールタイムが長ければ良いわざとは言えません。つまり、このDPSの値が高いわざのほうが、バトルでは効率的となります。
通常攻撃
この場合は、DPSが上回っている「しねんのずつき」に軍配が上がります。
また、技の使用間隔が狭く、ゴリ押しも効くので汎用性の高い性能も魅力です。

一方で、「ねんりき」のDPSは低いものの、その分威力で「しねんのずつき」を上回っているので、ジムの防衛時に活躍が期待できます。
しかし、DPSや汎用性を考えると、やはりおすすめの通常攻撃は「しねんのずつき」が最適です!
ゲージ攻撃
覚えるゲージ攻撃は、くさタイプの「タネばくだん」と「ソーラービーム」、エスパータイプの「サイコキネシス」と3種類。ゲージの数は、タネばくだんは「3つ」、サイコキネシスは「2つ」ソーラービームは「1つ」になってます。
どれもタイプの一致するわざですが、その中でも「ソーラービーム」を選んでおきましょう。

防御面については、ナッシーのタイプであるくさエスパータイプには弱点が多いので、相性としては不利になり、あまりおすすめはできません。

ナッシーはジムを攻める時に活躍するアタッカーとして活躍できるので、1番DPSが高く、本作最大威力"120"の「ソーラービーム」をおすすめします!

ナッシーのおすすめわざ総評

ということで、ナッシーの通常攻撃には「しねんのずつき」、ゲージ攻撃には「ソーラービーム」がおすすめ!

直接ナッシーと遭遇することは少ないですが、巣を利用すればタマタマのアメも集めやすくなるので、強いくさタイプのポケモンがいなければナッシーを育てておくのも良いでしょう。巣以外でもタマタマは見かけることが多いので、出現したら優先的に捕まえておきたいですね。

ジムを攻める時に活躍し、よく配置されているシャワーズギャラドスと相性が良いので、手に入れたらみずタイプの対策用として育てましょう!

「ポケモン・わざ図鑑」で詳細なデータをチェック!

『ポケモンGO』に登場するポケモン・わざを一覧で調べられるデータベース 「ポケモン・わざ図鑑」がオープン!
ポケモンやわざを一覧で確認できるのはもちろん、各ポケモンやわざについての詳細なデータも紹介しています。 さらに、ジムバトルで役立つ機能もありますので、詳しくは以下の記事でチェック!
ジムにいるポケモンの弱点をすぐに調べられる「ポケモン・わざ図鑑」活用方法をご紹介!

無料ポケモンGO

メーカー Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ジャンル アドベンチャー

落ちモノ系パズルとFPSと音ゲーが好き。だけどもゲームの腕前が中間地点で止まってしまうのが悩み。ソシャゲは続かないことが多いですが、FGOだけは奇跡的に続いています。他に遊ぶゲームを模索中。

攻略中のゲーム