posted by ギース at 2016/10/27 20:30

【ポケモンGO攻略】ギャロップの評価とおすすめわざを紹介!

【ポケモンGO攻略】ギャロップの評価とおすすめわざを紹介!

『ポケモンGO』で強ポケモンと呼ばれているポケモンのおすすめわざを紹介!今回は、ポニータの進化ということでもお馴染みのギャロップを紹介します。

ギャロップの評価とおすすめわざ

ポニータ」からアメを“50個”使うことで進化できる「ギャロップ」。燃え盛る炎が勇ましい見た目の通り、ほのおタイプに特化したポケモンになっています。ほのおタイプのポケモンと言えば、ウィンディブースターを始めとするポケモンもいますが、ギャロップ最高CPが2199の強ポケモンです。
ウインディの評価とおすすめわざを紹介!
ブースターの評価とおすすめわざを紹介!

そこで今回は、ギャロップのおすすめわざを紹介していきます。

ギャロップの評価

ギャロップは、ほのおタイプ特化のポケモンの為、くさむしこおりはがねタイプのポケモンに強い効果を発揮します。強力なわざも覚えやすいので、きちんと育てればジムで重宝すること間違いなしですよ!

それではギャロップが覚えることができる技をチェックしていきましょう。

ギャロップのおすすめわざ

上記は、ギャロップが覚える“わざ”と“DPS”となります。
もっと詳しい情報(相性、耐性…etc)はこちらを参照してください。

ちなみにDPSというのは用語集でも書いた通り、1秒あたりに与えるダメージ量のことを指します。一発の威力が高くても、発動までのクールタイムが長ければ良いわざとは言えません。つまり、このDPSの値が高いわざのほうが、バトルでは効率的となります。

EPSは、ゲージの溜まりやすさを表しています。この数値が高いほど、ゲージわざを繰り出せるスパンが短くなります。
通常攻撃
覚える可能性のある通常攻撃は、「ひのこ」と「けたぐり」の2つ。DPS的には「ひのこ」、EPS的には「けたぐり」に軍配が上がります。

しかしながら、ギャロップは純粋なほのおタイプとして育てて、得意とするポケモンとバトルするほうが効率がいいことと、タイプ一致ボーナスでダメージが底上げされてることを踏まえた結果、おすすめわざは「ひのこ」となります。

ただ、EPS的には「けたぐり」も決して悪いわざじゃないので、通常攻撃が「ひのこ」ではなくても落ち込むことはないでしょう。
ゲージ攻撃
覚える可能性のあるゲージ攻撃は、じめんタイプの「ドリルライナー」と、ほのおタイプの「だいもんじ」「ねっぷう」の3つ。

DPS的に言えば、やはりタイプ一致ボーナスがある「だいもんじ」と「ねっぷう」が「ドリルライナー」を大きく引き離す結果になっています。そして、その中でも「だいもんじ」が圧巻のDPSを誇っているので、おすすめゲージ攻撃は迷うことなく「だいもんじ」に決まり!

しかしながら、第2候補として見れば「ねっぷう」も充分強い攻撃になりますよ。

ギャロップのおすすめわざ総評

というわけで、ギャロップのおすすめわざは「ひのこ」「だいもんじ」の組み合わせとなりました。ほのおタイプに特化することで、得意なポケモンがはっきりして、ジムでより使いやすくなると思います。

しかしながら、「けたぐり」や「ねっぷう」などの第2候補の攻撃も充分に強い能力となっている為、これらの攻撃でも個体値が高いのならばどんどん育てていきましょう!

「ポケモン・わざ図鑑」で詳細なデータをチェック!

『ポケモンGO』に登場するポケモン・わざを一覧で調べられるデータベース 「ポケモン・わざ図鑑」がオープン!
ポケモンやわざを一覧で確認できるのはもちろん、各ポケモンやわざについての詳細なデータも紹介しています。 さらに、ジムバトルで役立つ機能もありますので、詳しくは以下の記事でチェック!
ジムにいるポケモンの弱点をすぐに調べられる「ポケモン・わざ図鑑」活用方法をご紹介!

無料ポケモンGO

メーカー Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ジャンル アドベンチャー

初めてハマったゲームは「川のぬし釣り2」という異端児。でも実際の釣りはほぼしません。ゲームに関しては雑食で、RPG、STG、RTS、SLGとなんでもやります。最近熱いのはオセロニアとシャドウバース!

攻略中のゲーム