posted by ギース at 2016/10/29 10:00

【ポケモンGO攻略】スリーパーの評価とおすすめわざを紹介!

【ポケモンGO攻略】スリーパーの評価とおすすめわざを紹介!

『ポケモンGO』で強ポケモンと呼ばれているポケモンのおすすめわざを紹介!今回は、HPと防御力の高さが魅力のスリーパーを紹介します。

スリーパーの評価とおすすめわざ

スリープの進化先ということでも知られているスリーパー。振り子を使って催眠をかけようとしている姿の通り、エスパータイプのポケモンとなっています。また、10月26日(水)~11月2日(水)まで開催されている「ハロウィンイベント」の出現率UPの影響で新規にゲットできたトレーナーも多いのではないでしょうか。
ハロウィンイベントの詳細はこちら

そこで今回は、スリーパーのおすすめわざを紹介していきます。

スリーパーの評価

スリーパーは、HP防御力の高さが特徴です。また、エスパータイプのポケモンなので、弱点が「あく」「むし」「ゴースト」の3種類のみ。メジャーな弱点がないので、防衛向きのポケモンとしても非常に重宝されています。

CPの観点から見ても、スリーパーは最高2184まで上昇し、同じ純粋なエスパータイプのポケモンであるフーディンと比べても高い数字です。エスパータイプのポケモンの中では、総合力も申し分ないポケモンとなっていますよ!

スリーパーのおすすめわざ

上記は、スリーパーが覚える“わざ”と“DPS”となります。
もっと詳しい情報(相性、耐性…etc)はこちらを参照してください。

ちなみにDPSというのは用語集でも書いた通り、1秒あたりに与えるダメージ量のことを指します。一発の威力が高くても、発動までのクールタイムが長ければ良いわざとは言えません。つまり、このDPSの値が高いわざのほうが、バトルでは効率的となります。

EPSは、ゲージの溜まりやすさを表しています。この数値が高いほど、ゲージわざを繰り出せるスパンが短くなります。
通常攻撃
覚える可能性のある通常攻撃は「ねんりき」「しねんのずつき」の2つ。エスパータイプのわざしか覚えないので、どちらもタイプ一致ボーナス得られるのが特徴です。

また、DPSの数値を見れば「しねんのずつき」、EPSの数値を見れば「ねんりき」が上回っている結果となりました。その為、どちらが良いかということになると、非常に甲乙付けがたいとしか言いようがありません。

しかしながら、HP防御が高いという特徴をより活かすためには、防衛寄りの構成にしたほうが良いので、その場合のおすすめはEPSが高い「ねんりき」になります。
ゲージ攻撃
覚える可能性のあるゲージ攻撃は、ゴーストタイプの「シャドーボール」、エスパータイプの「サイコショック」「サイコキネシス」の3つ。

DPSの数字を見れば、やはりタイプ一致ボーナスがあるエスパータイプのわざが良さそうです。その中でも「サイコキネシス」がより高いDPSになっており、ゲージ数も2つと使いやすさの点でも優れています。

スリーパーのおすすめわざ総評

というわけで、スリーパーのおすすめわざは「ねんりき」「サイコキネシス」の組み合わせとなりました。しかし、防衛のことを抜きにすれば、通常攻撃の「しねんのずつき」も「ねんりき」と遜色ない効果を発揮します。

【攻撃時】
通常攻撃しねんのずつき
ゲージ攻撃サイコキネシス

【防衛時】
通常攻撃ねんりき
ゲージ攻撃サイコキネシス

上記のような組み合わせにして、用途別に使い分けるのも有りです。また、ハロウィンイベント中はたくさんのスリープスリーパーがゲットできます。まさにスリーパーを育てるには絶好の機会となっているので、お見逃しなく!

▼関連記事
ハロウィンイベント開催前と開催中のポケモンを調査!

「ポケモン・わざ図鑑」で詳細なデータをチェック!

『ポケモンGO』に登場するポケモン・わざを一覧で調べられるデータベース 「ポケモン・わざ図鑑」がオープン!
ポケモンやわざを一覧で確認できるのはもちろん、各ポケモンやわざについての詳細なデータも紹介しています。 さらに、ジムバトルで役立つ機能もありますので、詳しくは以下の記事でチェック!
ジムにいるポケモンの弱点をすぐに調べられる「ポケモン・わざ図鑑」活用方法をご紹介!

無料ポケモンGO

メーカー Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ジャンル アドベンチャー

初めてハマったゲームは「川のぬし釣り2」という異端児。でも実際の釣りはほぼしません。ゲームに関しては雑食で、RPG、STG、RTS、SLGとなんでもやります。最近熱いのはオセロニアとシャドウバース!

攻略中のゲーム