posted by 矢吹 at 2016/10/30 19:00

【ポケモンGO攻略】ニドキングの評価とおすすめわざを紹介!

【ポケモンGO攻略】ニドキングの評価とおすすめわざを紹介!

『ポケモンGO』で強ポケモンと呼ばれているポケモンのおすすめわざを紹介!今回は、第一世代で唯一の♂♀個体を持つ「ニドラン」の、♂のほうの最終進化系「ニドキング」を紹介します。

ニドキングの評価とおすすめわざ

今回は、第一世代で唯一の♂♀個体を持つ「ニドラン」の、♂のほうの最終進化系「ニドキング」を紹介します。

ニドキングの評価

ニドキングは2段階進化のポケモンですが、その種ポケモン・ニドラン♂は出現しやすく、また進化系のニドリーノも稀に出現するので、育成難易度は低いほうです。

ニドキングと同じくじめんタイプで強いポケモンには、ゴローニャサイドンがいますが、それらの育成難易度はニドキングよりも高いのにも関わらず、最大CPがニドキングよりも低いです。
そのため、ニドキングは高いCPを持ちつつ、育成難易度が低いため、初心者に最適なじめんタイプのポケモンと言えます。

ニドキングのおすすめわざ

上記は、ニドキングが覚える"わざ"と"DPS"、"EPS"となります。
もっと詳しい情報(相性、耐性…etc)はこちらを参照してください。

ちなみに、DPSは1秒あたりに与えるダメージ量、EPSはゲージの溜まりやすさをそれぞれ表しています。
通常攻撃
上記の表を見てもらえればわかる通り、DPSは「どくづき」が「れんぞくぎり」の約2倍ですが、EPSに関しては「れんぞくぎり」が「どくづき」の約5倍とゲージ効率が圧倒的に良いです。

DPS:どくづきれんぞくぎり
EPS:どくづきれんぞくぎり

このような優劣関係ですね。

基本的には、主な攻撃手段である通常攻撃を重視すれば良いので、DPSが高い「どくづき」を選択すれば良いのですが、ニドキングのゲージ攻撃は全て1本なので、ゲージ効率が高い「れんぞくぎり」でも良いでしょう。
また、「れんぞくぎり」はニドキングが苦手とするエスパータイプに対処できるむしタイプのわざなので、ゲージわざの「メガホーン」と合わせることで、相手の意表をつけるかもしれません。

通常攻撃でダメージを蓄積させていくスタイルなら「どくづき」、ゲージ攻撃で一気に大ダメージを与えるスタイルなら「れんぞくぎり」を選択。想定する敵のタイプにも寄るので、手持ちのポケモンと相談して決めると良いでしょう。
ゲージ攻撃
やはり一番のおすすめは、DPSが高い「じしん」です。
ニドキングどくじめんタイプなので、「ヘドロウェーブ」もタイプ一致で強いのですが、やはりじめんタイプでお手軽に育成できる性能を活かして、じめんタイプのわざを覚えさせましょう。

とは言え、先程言ったように対エスパータイプを想定するなら「メガホーン」もおすすめです。

ニドキングのおすすめわざ総評

ということで、ニドキングのおすすめわざを紹介しました。
自分のスタイルによって変わるとは思いますが、基本的な組み合わせは「どくづき×じしん」もしくは「れんぞくぎり×じしん」です。
そして、王道から逸れたニドキングを使いたいのならば、「れんぞくぎり×メガホーン」がおすすめです。
ニドキングは育成難易度が低いので、余裕があれば王道なわざ構成、トリッキーなわざ構成、2パターンのニドキングを育ててみるのはいかがでしょうか。

「ポケモン・わざ図鑑」で詳細なデータをチェック!

『ポケモンGO』に登場するポケモン・わざを一覧で調べられるデータベース 「ポケモン・わざ図鑑」がオープン!
ポケモンやわざを一覧で確認できるのはもちろん、各ポケモンやわざについての詳細なデータも紹介しています。 さらに、ジムバトルで役立つ機能もありますので、詳しくは以下の記事でチェック!
ジムにいるポケモンの弱点をすぐに調べられる「ポケモン・わざ図鑑」活用方法をご紹介!

無料ポケモンGO

メーカー Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ジャンル アドベンチャー

眼鏡っ娘が主要キャラクターにいるのは良いゲーム、いないのは悪いゲーム。非眼鏡っ娘に脱着可能なゲームならば、神、いわゆるゴッド。

攻略中のゲーム