posted by ギース at 2016/12/16 17:10

【ポケモンGO攻略】ラフレシアの評価とおすすめわざを紹介!

【ポケモンGO攻略】ラフレシアの評価とおすすめわざを紹介!

『ポケモンGO』で強ポケモンと呼ばれているポケモンのおすすめわざを紹介!今回は、愛くるしい見た目とは裏腹に強力なわざを覚えるラフレシアを紹介します。

ラフレシアの評価とおすすめわざ

『ポケモンGO』で、ラフレシアは、ナゾノクサクサイハナという進化の系譜を辿るポケモン。見た目は非常に愛くるしいですが、ラフレシアの飛ばす毒花粉は酷いアレルギーを起こすという、なかなか凶悪なポケモンです。

今回は、そんなラフレシアの評価とおすすめわざを紹介します!

ラフレシアの評価

ラフレシアは「くさ」と「どく」の2つのタイプを持っています。しかしその為、弱点が多いという特徴があるので、ジムの防衛にはあまり向いてません。その代わり、属性一致ボーナスを持つわざを覚えやすく、攻撃力に定評があります。得意なみずタイプのポケモンなどにターゲットを決めて、ジムの攻撃側で力を発揮させましょう

ラフレシアのおすすめわざ

上記は、ラフレシアが覚える“わざ”と“DPS”となります。
もっと詳しい情報(相性、耐性…etc)はこちらを参照してください。

ちなみにDPSというのは用語集でも書いた通り、1秒あたりに与えるダメージ量のことを指します。一発の威力が高くても、発動までのクールタイムが長ければ良いわざとは言えません。つまり、このDPSの値が高いわざのほうが、バトルでは効率的となります。

EPSは、ゲージの溜まりやすさを表しています。この数値が高いほど、ゲージわざを繰り出せるスパンが短くなります。
通常攻撃
覚える可能性のある通常攻撃は、どくタイプの「ようかいえき」とくさタイプの「はっぱカッター」の2つ。タイプは異なりますが、どちらも属性一致ボーナスが適応されています。

ラフレシアの特徴から攻撃側で有利なわざを覚えたいので、EPSよりもDPSに注目します。DPSを比べると「はっぱカッター」が「ようかいえき」よりも上回っており、通常攻撃のおすすめわざは「はっぱカッター」ということになります。
ゲージ攻撃
覚える可能性のある通常攻撃は、くさタイプでは「はなふぶき」と「ソーラービーム」、フェアリータイプでは「ムーンフォース」の計3つ。「ムーンフォース」以外は属性一致ボーナスとなっており、DPS的にも非常に優れているのが特徴です。

しかしながら同じくさタイプの「はなふぶき」と「ソーラービーム」を比べてみると、DPSの数値は「ソーラービーム」のほうが頭1つ抜けています。また、ゲージが1つで攻撃時に使いやすいということもあり、おすすめわざは「ソーラービーム」です!

ラフレシアのおすすめわざ総評

というわけで、ラフレシアのおすすめわざは「はっぱカッター」と「ソーラービーム」の組み合わせということになりました。どちらもくさタイプのわざなので、みずタイプのポケモンキラーとして使えると、脅威になる威力を発揮します。

ジムにシャワーズなどのみずタイプのポケモンがいたら、ぜひ積極的にラフレシアで攻撃を仕掛けてみてください!

「ポケモン・わざ図鑑」で詳細なデータをチェック!

『ポケモンGO』に登場するポケモン・わざを一覧で調べられるデータベース 「ポケモン・わざ図鑑」がオープン!
ポケモンやわざを一覧で確認できるのはもちろん、各ポケモンやわざについての詳細なデータも紹介しています。 さらに、ジムバトルで役立つ機能もありますので、詳しくは以下の記事でチェック!
ジムにいるポケモンの弱点をすぐに調べられる「ポケモン・わざ図鑑」活用方法をご紹介!

無料ポケモンGO

メーカー Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ジャンル アドベンチャー

初めてハマったゲームは「川のぬし釣り2」という異端児。でも実際の釣りはほぼしません。ゲームに関しては雑食で、RPG、STG、RTS、SLGとなんでもやります。最近熱いのはオセロニアとシャドウバース!

攻略中のゲーム