20年利用したau、家族3人でpovoと楽天へ乗り換えたら後悔しかなかった

    「俺のスマホ代、来月から無料だよ?」と夫に言われたことにハッ!として、わたしは「auの長期利用者」という幻想から目が覚めた…。

    2年契約や家族割りを併用して、夫と娘の家族3人で約20年間auを利用してきました。

    これまで私はというと、ロクに家族のスマホ料金を見直しすることもなく、機種変更時にauの店員さんにいわれるがままプラン変更してきただけ。

    矢野まき
    それでも、まぁauの長期利用者だし、たぶん割引率だってスーパー優遇されてるんだから!スマホ料金は最強でしょ‥・。 と正直おもってました。

    でも、ある日突然、夫が楽天モバイルに乗り換えたことがきっかけで、 わたしのずさんな家計管理が、過去の取り返しのつかない金額となっていることに気がつき、後悔の念を抱くことになりました。

    もくじから選ぶ

    約656万円!?家族の携帯料金を20年 軽視してきた代償

    結論からいうと、家族3人がauから乗り換えると、翌月からいきなり請求額が2万円も落ちました。

    試しに、約20年も毎月ムダに支払いしてきた2万円をNISAで積み立てしていたら…とおもいシュミレーションすると、今ごろ6.566.040円(約656万円)の貯金になっていた計算になりました。

    子供の将来の貯金にもなっていたのに…しっかり管理してもっと早くauから乗り換えしていたらと後悔しかありません。

    夫と娘は楽天モバイル、わたしはpovoポヴォへ乗り換えました

    夫が楽天モバイルに乗り換えてから、娘もおなじく楽天モバイルへ。わたしはというと、楽天モバイルではなく「povoポヴォ」へ乗り換えました。

    私が楽天モバイルに乗り換えなかった理由は、夫から「通話品質が不安定」ということを聞いたからです。娘の迎えや学校行事の連絡もあるため、とりあえず私は様子見ということでpovoポヴォに乗り換えました。

    家族がpovoと楽天に乗り換える前のauの請求額は22.284円。

    私たち家族3人がauから乗り換えると毎月のスマホ料金が約2万円もコスト削減できたとはいえ、言葉だけではイメージがわかないかと思います。

    そこで、実際に私のずさんな管理によって、20年も損をしていたauの請求明細書を見たほうが、これを読んでいる人にも乗り換え後のイメージがしやすくなるかと思いますので公開します。

    auのWEB請求書
    夫のau回線の請求明細書
    夫の場合、スマホ利用時は殆ど自宅のwifiを利用しているので毎月1ギガも消費してないのに7000円以上も支払いしてました…(この月は0.21GB)。LINEやチャットでのやり取りがおおく通話は殆ど利用しないので、1GBまで無料の楽天モバイルにすると翌月からスマホ料金は無料に。
    auWEB明細書2
    私のau回線の請求明細書
    私の場合も、夫とほとんど同じく通信は1.43ギガしか利用していないのに対して8880円の請求…汗 2年契約解除料3000円とられてもpovoポヴォに乗り換えると3分の1にスマホ料金を抑えることができるとわかったため、わたしは povo ポヴォに乗り換えることに。
    娘のauの請求明細書
    娘の場合は4ギガ以上利用してましたが、内容を聞いてみると自宅のWifiを利用せずにAmazonプライムの映画をみていたということが発覚。外出先でもLINEが殆どのため楽天モバイルにして映画を自宅Wifiでみることで翌月からスマホ料金6000円が完全無料に。

    au乗り換え後の家族3人のスマホ料金がたった4265円に…

    夫と娘の場合は、本当に無料になってしまいました。楽天モバイルは乗り換え後のキャンペーン期間中は、いくら通信(ギガ)を使っても無料ですが、ふたりともホントに1GBも使わないらしい…。

    私はというと、auからpovoポヴォに月途中からの乗り換えのため、請求金額が両方とも日割り計算になりました。それでも、月額費用はこれまでの半額。その翌月からはpovo基本料金2718円のみの請求になります。

    夫のauから乗り換え後の請求
    夫はau利用時は月額7000円程度の利用料でしたが、楽天モバイルに乗り換えると0円に…。
    娘のauから乗り換え後の請求
    娘も夫と同じく楽天モバイルへ。au利用時は6000円程度の利用料でしたが、こちらも0円に…。嬉しい!
    私のpovoへ乗り換え後の請求
    月途中で乗り換えたため、auの日割り分とpovo乗り換え日からの日割り計算となりました。それでもau利用時は毎月8000円程度だったため半額に。あと故障紛失サポートもいらないので解約予定です。

    通常の仕事で、お給料を2万円あげるためには何年もかかるのに、乗り換えるだけで毎月2万円浮くようになるなんて…がんばって働いている夫に申し訳ない気持ちでいっぱいになる、反省。

    【レビュー】auからpovoポヴォに乗り換えてわかった変更前の注意ポイント

    povoの基本料金は2728円(税込)です。通信は月に20GBまで、通話は30秒22円。毎月20GB以内の通信量で、auに2728円 (税込) 以上 支払いしている人はpovoに乗り換えたほうが 携帯料金が安くなります。

    ただし、コスパだけ気にしてると、乗り換え後にトラブルが起こる可能性もあるため、povoのデメリットも事前に考慮しておいたほうがいいと思います。

    auからpovo乗り換え時に感じたデメリットは4つ
    1. キャリアメールが使えなくなる
    2. povoで機種変更ができない
    3. 留守番電話が利用できない
    4. オンライン手続きのみ
    auメールアドレスは特に注意でした
    1. auメールアドレス利用者は注意

    povoに乗り換えると現在auで利用している「ezweb.ne.jp」や「au.com」のメールアドレスが利用できなくなります。わたしの場合はpovoに乗り換える前にGmailを作成して、auメールアドレスで登録してるサービスをGmailに変更してからpovoに登録しました。

    2. 機種変更は乗り換え前のほうがラク!

    povoへ乗り換え後の機種変更は端末を購入して自分でSIMの差し替えを行う必要があります。SIMの差し替えや設定などが苦手な人は、auで機種変更をしてからpovoへ乗り換えたほうがラクです。

    3. povoは留守番電話が使えない

    povoには留守番電話サービスが利用できず、オプションもありません。auで留守番電話を利用していた人は、乗り換え前に留守番電話の必要性を今一度、確認する必要があります。

    4. povoは手続きやサポートもオンラインのみ

    povoは手続きをはじめ、乗り換え後のサポートもすべてオンラインでサポート窓口とのチャットでの対応となります。混雑状況によっては待たされたりする可能性もあります。

    【レビュー】 私がauからpovoに乗り換えて感じたメリット

    前項の4つのデメリットさえ問題なければ、povoはau回線のまま利用できるから通話が悪いとか、通信が遅くなるなんてこともなく、料金的にメリットしかありません。

    auからpovo乗り換えて分かった5つのメリット
    1. 事務手数料が無料
    2. 契約期間がない
    3. SIMロックや難しい設定がない
    4. auカンタン決済も利用できる
    5. 通信や通話品質がauと同じ
    通話もネットもauと同じ品質だから安心感ある
    1. povoは乗り換え手数料無料

    通常だと乗り換え手数料は3000円程度かかる通信会社もあるなか、povoは無料というのは嬉しいところ。auから月途中で切り替えた場合は両方とも日割り計算になるため、事務手数料の加算がないのはありがたいです。

    2. 契約期間がないから気軽に乗り換えられた

    povoは契約期間がないのもauから気軽に乗り換えらた理由のひとつです。いまは格安SIMの価格競争が激しすぎてどこがお得になるのか見えないため、私はとりあえずpovoで様子見します。

    3. auからの乗り換えが簡単!

    auからpovoに乗り換える場合はSIMロック解除やあたらしいSIMに差し替えるなんて作業が必要ありません。必要なものはMyauアカウントのみで、povoオンラインから申込みして24時間後には切り替えられました。とくに年配の方などSIMの設定などが苦手な人には非常にラクだと思います。

    4. au支払いが引き続き利用できる

    povoに乗り換えてもauのカンタン決済は引き続き利用できます。Amazonプライムなどサブスク契約時に、クレジットカード入力が面倒だと感じる私にとっては非常に助かります。

    5. 通話やネットの接続もauと同じ

    通話の品質やネットも遅くなることもなく、これまでのauとまったく同じく利用することができています。通話がおおい月にはアプリから通話かけ放題(550円)をトッピングで追加したり自由に追加できるのもいいところだと感じます。

    【夫と娘に聞いてみた】auから楽天モバイルに乗り換えたデメリット

    普段は自宅のWifiを利用している人や、学校と塾で外ではLINEくらいしか使わないお子さんには楽天モバイルなら1ギガ以内の完全無料というのは確かに気になります。

    でも、私の場合は「もし繋がらなかったら…」という怖さもあったのでとりあえず今はpovoという選択になりましたが、auから楽天モバイルに乗り換えた夫と娘にデメリットや替えてよかったところを聞いてみると、利用してみないと分からない意外な答えが返ってきました。

    auから楽天モバイルに乗り換えてわかったデメリット
    1. 建物内で電話がかけられないことがある
    2. 電話の音質が悪いことがある
    3. 建物内でネットが繋がらないことがある
    4. iPhoneとの相性が悪い…
    5. 契約期間がない
    夫と娘はこんなことで困ったらしいです。
    1. 建物内での急な連絡に困ったことがある

    夫がスーパーで買い物していて、私に「なにか買うものある?」みたいなシーン。急に連絡するときにかからないことがあるのがストレスに感じるらしい。

    2. 通話の声がこもる?

    通話相手の声がたまにこもって聞こえずらいことや、途切れることがあるとのこと。仕事でお客さんなどから大切な連絡を受けることがおおい人には向かないかもです。

    3. 建物内でネットがつながらない…

    コンビニでキャッシュレス決済しようとすると繋がらない…。これがいちばん恥ずかしかったそうです。コンビニでレジに並ぶまえにキャッシュレス決済を事前につなげておくことは要確認です。

    4. iPhoneとの相性が悪い?

    iPhoneの場合は通常の電話アプリに着信するため、不在着信をそのまま折り返すと料金がかかってしまいます。相手に折り返し電話するときは、楽天linkアプリを開いてからかけ直すのが面倒に感じるとのこと。娘はAndroidのため、そのまま折り返しできるため、そこは不便に感じないそうです。

    【夫と娘に聞いてみた】auから楽天モバイルに乗り換えたメリット

    auから楽天モバイルに乗り換えてよかったことは家計を管理するわたしにとっては、なんといっても月額無料ということです。

    それに、 楽天モバイルもpovoと同じく、契約事務手数料も無料で契約期間のしばりもありません。そのため乗り換えて都合が悪ければ、いつでも他の回線へ移行できるのも気軽にお試しできるポイントのひとつです。

    auか楽天モバイルに乗り換えてわかったメリット
    1. アプリでデータ管理がわかりやすい
    2. 友人と気兼ねなく電話できる
    3. 外出先では思った以上にサクサク
    4. e-SIMに対応している
    5. 留守番電話や割込通話オプションが無料
    アプリで管理しながら月額0円で利用するのが楽しくなるらしい。
    1. my楽天モバイルのアプリがわかりやすい

    楽天モバイルのアプリはその日利用してデータまですぐに反映されるので管理がしやすいとのこと。消費データがグラフで見やすいためゲーム感覚で1GB以内におさめたくなるようです。娘には0円チャレンジ達成するとお小遣いをあげることに。^^

    2. 学生の娘は電話かけ放題が助かるらしい

    娘にとっては料金を気にせず通話ができるのが快適らしいです。自宅のWifi環境だと通信も安定しているせいか、楽天電話の音質も問題なく話せるとのこと。確かにこれは親にとってもメリットです。

    3. 外出先では思った以上につながる

    夫が打合せの場所を探すときなど、GoogleMapなど地図アプリを開きながらスマホを利用するシーン。ギガ消費もすくなくて、楽天モバイルでも全く問題ないとのことです。建物外の通信が安定しているのは安心ポイントです。

    4. e-SIMに対応している

    これはiPhone利用者には嬉しい点です。例えばpovoを利用している私の場合、楽天モバイルをe-SIMで新規契約してしまえば、povoの安定通信で楽天の電話かけ放題が使える最強プラン実現できます。しかも、1台で電話番号を2つもつことができ、自由自在に操作できます。

    5. 他では有料のオプションが無料で使える

    楽天モバイルは、留守番電話や割込通話、転送電話などオプションが無料というのもポイントです。アプリから自在にポチッと切り替えできるのポイントがたかい。povoは留守番電話がないので、どうしても必要な人は楽天モバイルを検討するのもありです。

    povoと楽天で浮いたお金でなにをするか考えるのがワクワクする

    これまで、わたしは携帯電話の料金管理をないがしろにしてきましたが、乗り換えるだけで数万円も浮くのですから、これからの家計管理には、通信料金の見方はおぼえるべきスキルだと感じています。

    たとえば、1ギガって2時間の映画1本分くらいなんだ。とか、そのくらいだけでも覚えておくと、月々の生活スタイルで携帯料金も自由自在に変更できるようになるはずです。

    さて、今月も浮いたお金はどうしようか?と考えるのが楽しみのひとつになったのも事実。家族でおいしいご飯を食べようか?とか、今月は積み立てて、娘に車をプレゼントを計画したり、その先をみてワクワクしています。

    auから乗り換えが怖い場合はとりあえずpovoはアリと思う。

    もし、現在auで毎月 2728円(税込) 以上を利用していて、私と同じように、回線の乗り換えが難しそうとか感じている人には、設定も何もいらない「povo」へ乗り換えるだけでも、十分にコストダウンになる可能性があります。

    やってみると、シンプルに簡単すぎて拍子抜けすると思いますよ。

    ・新料金プラン「povoポヴォ」誕生
    https://povo.au.com/

    ・すべての人に最適なワンプラン「楽天モバイル」
    https://mobile.rakuten.co.jp/

    この記事の担当者

    【プロフィール】矢野真紀 アイコン 担当ページへのリンク
    格安SIM検証・編集部ライター
    20年使ってきたauをあっさり乗り換えた女性として社内で話題に。編集部では格安SIM検証と楽天モバイルやpovoに関する情報も担当している。

    au乗り換えましたよ!
    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    もくじから選ぶ
    閉じる