「専用アプリ不要」通話品質がいい格安SIM6選のかけ放題プラン最新状況

    「もしもし、なんか聞こえづらいんだけど?」

    と、電話中に先方からいわれ、かけ直しても音声が変わらず「電波の調子が…」なんて、ごまかす始末。

    いかにも「IP電話を使ってます」みたいな特有のダイヤル音や、響くような音声は、電話相手によっては恥ずかしささえ感じることもあります。

    仕事相手の通話が多い人ほど、専用アプリ不要で、通話品質のいい格安SIMがあれば 理想ではないでしょうか。そして 無制限かけ放題プランが安ければ言うことなし。

    本ページは「専用アプリなしでかけ放題が安い格安SIMはどこなのか?」というテーマで最新情報を更新しております。格安SIMの通話品質の悪さでお悩みの方は是非、ご参考ください。

    もくじから選ぶ

    「専用アプリなし」通話かけ放題プラン最安のおすすめ格安SIM6選

    povo2.0
    基本料金0円で通話のみかけ放題できる

    1回5分かけ放題 無制限かけ放題 かけ放題なしの場合 SMSショートメール
    550円 /月(税込) 1650円/月(税込) 22円/30秒3.3円(70文字まで)
    基本料金 留守番電話サービス 転送サービス 国際通話・SMS
    0GB 0円~ ×利用不可 ×利用不可 〇利用可能
    eSIM対応 キャリア回線 格安スマホ取扱い 5G通信
    〇利用可能 au ×購入不可 〇利用可能
    ※TOP3かけ放題は毎月上位3番号の通話料が無料となるサービス、よくかける番号が決まってい方に最適なプランです

    POVOのメリットとデメリット

    povo2.0のメリット5つ

    1. 基本料金0円
    2. 0円0GBでも音声品質がキレイ
    3. かけ放題プランが安い
    4. au電波+5Gも無料
    5. 無駄のないトッピング方式

    メリット解説

    基本料金0円でかけ放題プランが利用できるのはpovo2.0と楽天モバイルのみ。povoの場合はauと同じ安定した電波を利用できることが強みです。通信トッピングなしの場合は128kbpsという遅い速度だが、通話品質は通常のauと同品質で利用できる。 かけ放題プランも安く550円で提供しているのはpovo2.0のほか、ラインモとJCOMモバイルです。povo2.0の場合は基本料金0円から利用できるのが最大のメリットです。

    povoのここがデメリット

    1. 6ヵ月に660円以上の利用必須
    2. サポートがオンラインのみ
    3. 機種変更ができない
    4. 留守番電話サービスがない
    5. 5GB~10GBトッピングがない

    デメリット解説

    トッピングなしで完全無料で利用しつづける場合に注意。2021年10月時点の情報では「6ヶ月間トッピング購入がない場合は強制利用停止」となることが規約に記載されています。特に「受信だけ」で利用する場合には6ヶ月間のあいだにいくらかのトッピングや通話が必要です。 またpovo2.0は3GB以上の通信をつかう人は不向き。5GB~10GBトッピングがないため割高になる可能性があります。

    povo2.0のおすすめポイント
    電話中心に利用する人に最高なサービス

    他社にはないメリットは、基本料金なしで auの音声品質のかけ放題プランが使えるという点。0円0GB時の通信速度は128kbpsと遅くなるが、通話の音声品質で標準電話をかわりなく話すことができる(編集部で確認済)。通信は利用するときだけ必要な容量をトッピング購入するスタイルも無駄がない。 通信は3GB以内、携帯は電話中心で利用するには最高のサービスです。

    JCOMモバイル
    シニア層に手厚いかけ放題プラン

    jcomモバイル
    1回5分かけ放題 1回60分かけ放題 かけ放題なしの場合 SMSショートメール
    550円 /月(税込) 1650円/月(税込) 22円/30秒3.3円(70文字まで)
    基本料金 留守番電話サービス 転送サービス 国際通話・SMS
    1GB 1078円(税込)~〇利用可能 〇利用可能 〇利用可能
    eSIM対応 キャリア回線 格安スマホ取扱い 5G通信
    ×利用不可 au〇購入可能 〇利用可能
    ※TOP3かけ放題は毎月上位3番号の通話料が無料となるサービス、よくかける番号が決まってい方に最適なプランです

    JCOMモバイルの
    メリットとデメリット

    JCOMモバイル
    メリット5つ

    1. 10GBプランが安い
    2. 60歳以上はかけ放題が1年無料
    3. サポートが充実している
    4. 家族間の名義変更ができる
    5. au電波+5Gも無料


    メリット解説

    他社にないメリットはサポートが充実しているところです。 お客様専用の電話サポートが完備されており初期設定の遠隔サポートや必要があれば有料で訪問サービスも行っている。料金プランでは10GBプランが他社と比べてオトクで、容量超過後も速度1Mbpsなら使い放題。かけ放題プランも1回5分550円から利用できる。そのほか家族間の名義変更もオンライン手続きができ、中古のiPhoneの取り扱いや、auと同じ回線と5Gも無料で利用できるところもおおきなメリットのひとつです。

    JCOMモバイル
    ここがデメリット

    1. マイページが使いづらい
    2. 低容量プランが若干高め


    デメリット解説

    いちばんのデメリットはマイページが使いづらいことです。マイページに、JCOMテレビなど他サービスも含まれており、例えば、ギガの消費量や料金プランの変更などが、他社と比べてわかりづらく使いづらい。料金面では低容量の料金プランが1GB1078円(税込)と他社と比べて若干たかめの設定。サポートや通信がいいだけに、今後はマイページの改良も期待したいところです。

    JCOMモバイルのおすすめポイント
    10GB/月✚かけ放題もお得!

    聞きなれない人も多いと思いますが、じつはauの子会社で同じ回線を利用しているため通信や電話品質も非常に安定している。他社にはないおすすめ点は10GBプランです。かけ放題プランは 1回5分のかけ放題が550円と1回60分以内のかけ放題1650円の2種類です。 60歳以上は5分かけ放題が1年間無料というお得な特典も用意されています。電話サポートや訪問サービスも対応しているため、ご年配の方は機械音痴で心配という人にも向いてる格安SIM。


    OCNモバイルONE
    無制限かけ放題が最安

    OCNモバイルONE
    1回10分かけ放題
    TOP3かけ放題※
    無制限かけ放題 かけ放題なしの場合 SMSショートメール
    935円 /月(税込) 1430円/月(税込) 11円/30秒3.3円(70文字まで)
    基本料金 留守番電話サービス 転送サービス 国際通話・SMS
    1GB 770円 (税込) ~ 〇利用可能 〇利用可能 〇利用可能
    eSIM対応 キャリア回線 格安スマホ取扱い 5G通信
    ×利用不可 ドコモ〇購入可能 ×利用不可
    ※TOP3かけ放題は毎月上位3番号の通話料が無料となるサービス、よくかける番号が決まってい方に最適なプランです

    OCNモバイルONEの
    メリットとデメリット

    OCNモバイルONE
    メリット5つ

    1. 3GB~6GBプランが安い
    2. 無制限かけ放題が安い
    3. 音楽ギガカウントフリー
    4. 低速切り替えが可能
    5. 格安スマホが豊富


    メリット解説

    他社にはないメリットは3GB~6GBプランと無制限かけ放題が安いことです。そのほかAmazonミュージックやSpotifyなど対象となる音楽サービスは通信容量にカウントされないため、外出先でも聴き放題となります。アプリで低速モード切り替えが可能のため、通信は最低限のプランで契約して普段は使い放題の低速モードで利用、必要なときに高速モードに切り替えて利用すると無駄ない料金プランで利用できます。

    OCNモバイルONE
    ここがデメリット

    1. バッテリー消費が若干はやい
    2. 初期手数料3300円かかる


    デメリット解説

    他社にはないデメリットは電波を掴むパワーが強いことから、バッテリーの消費が他社とくらべて若干はやい。料金面では初期費用3300円(税込)がかかることです。細かいところでは5Gも今のところ未定となっており、利用できないところはデメリットのひとつです。

    OCNモバイルONEのおすすめポイント
    無制限かけ放題が狙い目!

    アプリなしで無制限かけ放題プラン1430円は最安で、いまなら1年間1100円(税込)で利用できる。電話を24時間かけ放題をお探しの方にはぴったりの格安SIMです。他社にはない料金プランは6GBプランで外出先でもネットを利用したい人にも向いています。格安スマホのキャンペーンもおおく、端末も買い替え時にもおすすめです。

    LINEMOラインモ
    LINEはギガフリー

    ラインモ
    1回10分かけ放題 無制限かけ放題 かけ放題なし料金 SMSショートメール
    550円 /月(税込) 1650円/月(税込) 22円/30秒3.3円(70文字まで)
    基本料金 留守番電話 転送サービス 国際通話・SMS
    3GB 990円 (税込) ×利用不可 ×利用不可 〇利用可能
    eSIM対応 キャリア回線 格安スマホ購入 5G通信
    〇利用可能 Softbank×購入不可 〇利用可能

    LINEMOの
    メリットとデメリット

    LINEMO
    メリット5つ

    1. 3GBプランが安い
    2. 1回10分かけ放題が安い
    3. 1年間かけ放題が無料!
    4. LINEギガフリー
    5. 海外パケットし放題


    メリット解説

    他社にはないメリットは1回10分かけ放題プラン550円の最安とLINEギガフリー、そしてSoftbankと同じ電波が利用できることです。LINE通話もギガフリー対象となるため友人との10分以上の長電話はLINE電話。仕事時など通話品質が大切なときは標準アプリを利用する。などの通話アプリの使い分けもできる。また海外パケットし放題も定額で利用できるため海外旅行がおおい人にも最適な格安SIMです。

    LINEMO
    ここがデメリット

    1. ミドル容量ユーザーに不向き
    2. サポートがオンラインのみ


    デメリット解説

    デメリットは3GBと20GBの2つの料金プランしかないため、3GB~20GB未満の通信を利用するユーザーには不向きなサービス。5CB~10GBの通信を必要とするミドルユーザーで専用でんわアプリなしで通話ができる格安SIMをお探しの場合はOCNモバイル、JCOMモバイルあたりも検討することをおすすめします。

    LINEMOのおすすめポイント
    1回10分かけ放題プランは最安!

    1回「10分」かけ放題550円(税込)はLINEMOが最安。しかも今なら申し込みから1年間は月額料金が無料。無制限かけ放題も1100円で利用できる。5Gに強いSoftbank回線も無料で、この品質が月額990円から使えるのは非常にコスパがいい。普段はLINE通話だが、仕事時などはクリアな音質で話したいという人にもピッタリです。


    楽天モバイル
    かけ放題はSMSも完全無料!

    楽天モバイル
    1回10分かけ放題 無制限かけ放題 専用アプリなし料金 SMSショートメール
    1100円 /月(税込)専用アプリ完全無料 22円/30秒SMS完全無料
    基本料金 留守番電話 転送サービス 国際通話・SMS
    1GB無料 ~ 〇利用可能 〇利用可能 〇利用可能
    eSIM対応 キャリア回線 格安スマホ購入 5G通信
    〇利用可能 rakuten 〇購入可能 〇利用可能

    楽天モバイルの
    メリットとデメリット

    楽天モバイル
    メリット5つ

    1. 1GBまで月額無料!
    2. 専用アプリ通話無料!
    3. SMS無料し放題
    4. 通信無制限が最安
    5. 初回3ヵ月料金無料


    メリット解説

    メリットは1GB以内なら基本料金0円で利用できることです。楽天LINKの通話だけなら完全無料となり、専用アプリなしで利用できる1回10分かけ放題プランを入れても1100円/月です。長電話になりそうな友人との通話時は無料の楽天LINKを利用して、仕事など大切な電話は標準アプリで音質もキレイな10分かけ放題を利用するという使い分けもできる。

    楽天モバイル
    ここがデメリット

    1. 屋内の電波が不安定
    2. 対応エリアが狭い


    デメリット解説

    対応エリアは徐々に拡大しているが他社に比べて、特に建物内の電波が不安定なことが多い。専用でんわアプリ楽天LINK音声品質は電波状況に左右されるため、仕事の通話がおおい人は、標準アプリで通話できる10分かけ放題プラン1100円に加入したほうが安心感がある。

    楽天モバイルのおすすめポイント
    楽天圏内にお住まいの人には最高!

    1GBが0円から使える業界NO1のコスパがいい楽天モバイル。独自の専用アプリ楽天LINKを使った無制限かけ放題は完全無料。そして専用アプリなしで10分以内1100円のかけ放題プランもある。地域によって建物内の電波が安定しないデメリットはあるが楽天エリア圏内にお住まいなら安定して利用することができるため、これほどオトクなサービスは他にはない。

    HISモバイル
    アプリ不要で格安通話に対応

    1回5分かけ放題 無制限かけ放題 専用アプリなし料金 SMSショートメール
    700円(税込)2728円(税込) 11円/30秒3.3円(70文字まで)
    基本料金 留守番電話 転送サービス 国際通話・SMS
    1GB590円 ~ 〇利用可能 〇利用可能 〇利用可能
    eSIM対応 キャリア回線 格安スマホ購入 5G通信
    ×利用不可 docomo×購入不可 ×利用不可

    HISモバイルの
    メリットとデメリット

    HISモバイル
    メリット

    1. 3GBプランが最安
    2. 標準通話料金も半額!


    メリット解説

    他社より優れている点は3GBプラン790円(税込)が安いことと専用アプリなしでも通話料金が大手キャリアの半額(11円/30秒)で利用できることです。かけ放題プランは5分かけ放題と無制限のほか、70分無料通話付きの料金プラン2178円~もある。

    HISモバイル
    ここがデメリット

    1. お昼時の電波が不安定
    2. 新規手数料3300円かかる
    3. 5Gが利用できない


    デメリット解説

    格安SIM特有のお昼の時間帯やスタジアムなどの集合地帯での通信が遅くなることと新規契約時の事務手数料が3300円発生します。またOCNモバイルとおなじく5Gが利用できないのもデメリットのひとつです。

    HISモバイルのおすすめポイント
    3GBプラン+格安通話の組み合わせ

    標準の電話アプリで 通話が半額とはいえ11円/30秒でも30分の利用で660円となります。30分以上の通話する方はpovoやLINEMOのかけ放題がお得となる。毎月の電話は30分も使わない、通信もたまに。という方や専用のでんわアプリは使いたくない人もHISモバイルなら不便なく利用できます。


    「無制限」かけ放題プランがおすすめの3社から生活用途で選ぶ

    通話を時間を気にせずに利用するなら無制限かけ放題が必須です。そのなかでも、屋内でも途切れることない強い電波とクリアな音声品質でコスパ最高なこの3社がおすすめです。

    無制限かけ放題がいちばん安い
    「OCNモバイルONE」

    OCNモバイルONE

    OCNモバイルONEの無制限かけ放題は1430円(税込)いまなら初月無料で1年間は月額1100円(税込)です。無制限かけ放題の安さとSpotifyやAmazon・LINEの音楽聴き放題サービスがカウントフリーが他社にはない強みです。そのため、通話と外出先で音楽アプリをよく利用する人には最適なサービスとなります。

    OCNモバイル
    OCNモバイルが向いていない人
    • 仕事や生活圏がドコモ回線エリアの人
    • 移動中に音楽アプリをよく利用する人
    • 格安スマホも購入したい人
    • 外出先や車で音楽を聴かない人

    LINEの利用が多い人に
    「LINEMO」

    ラインモ

    LINEMOのかけ放題プランは1650円(税込)で基本料金は3GB990円(税込)から。他社にはない特徴はLINEが通信容量としてカウントされないギガフリーということです。LINEはあまり通信容量が消費しないと思われがち。でも実は容量のおおきい画像や動画の送受信の場合1GBなんてアっという間に消費してします。そのため、通話とLINEメッセージのやりとりが多い人はLINEMOがおすすめといえます。

    LINEMOが向いてる人
    LINEMOが向いていない人
    • 仕事や生活圏がSoftbank回線エリアの人
    • LINEもよく利用する人
    • eSIM対応のかけ放題を利用したい人
    • LINEをあまり利用しない人
    • LINEの利用が少なく他ネットサービスを利用する人

    かけ放題プランだけ利用したい人に
    「povo2.0」

    povo2.0

    povo2.0の無制限かけ放題プランは月額1650円(税込)、なにより基本料金なしで無制限かけ放題プランのみ使えるのが他社にはない強み。基本料金0円(トッピングなし)の場合の通信速度128kbpsでも通話品質は途切れることもなく、クリアな音質で使える。そのため、携帯電話を通話だけ利用したい人には これしかない最適なサービスです。

    povo2.0が向いてる人
    povo2.0が向いていない人
    • 仕事や生活圏がau回線エリアの人
    • スマホを最安で通話のみ利用したい人
    • eSIM対応のかけ放題を利用したい人
    • 仕事や生活圏で繁盛にネットを利用する人

    まとめ: 専用アプリ不要のかけ放題プラン各社の料金比較(税込表示)

    最後に専用アプリ不要で、かけ放題プランも利用できる格安SIMの料金と特徴のまとめとなります。(2021/10/04更新)

    スクロールできます
    povo2.0
    povo2.0
    ラインモ
    ラインモ
    楽天モバイル
    楽天モバイル
    OCNモバイルONE
    OCNモバイル
    jcomモバイル
    JCOMモバイル
    HISモバイル
    HISモバイル
    基本料金 0円~
    基本料最安
    990円 0円~
    基本料最安
    770円~1078円~
    10GB最安
    590円~
    3GB最安
    かけ放題
    プラン料金
    550円~
    1650円
    最安
    550円~
    1650円
    最安
    1100円935円~
    1430円
    無制限プラン最安
    550円~
    1650円
    最安
    700円~
    2728円
    キャリア回線au
    5G無料
    Softbank
    5G無料
    rakuten
    5G無料
    docomo au
    5G無料
    docomo
    キャンペーン情報なし1年かけ放題無料3ヵ月基本料金無料かけ放題
    1年間割引中
    シニア1年間かけ放題無料なし
    強み(特徴)基本料無料でかけ放題利用LINE
    ギガフリー
    ショートメールも完全無料音楽アプリカウントフリーシニア向けサポート充実アプリ不要で
    格安通話

    通話に関しては、かけ放題まではいらないけど「有料でも通話音声はキレイなほうがいい」というなら、アプリ不要で通話料金が大手キャリアの半額で利用できるOCNモバイルかHISモバイルです。

    そのほか、ネットは自宅や会社のWifiのみ、外出先では短い通話が多く 「 1回5分~10分のかけ放題がちょうどいい」というならpovo2.0から楽天モバイルが最安です。

    かけ放題と3GB以上の通信も利用する場合は、LINEMOやJCOMモバイルの「 通信容量プラン+かけ放題プラン 」の料金と 「 生活圏内と各社の強み」を比べて選ぶことで、クリアで快適な通話ができるコスパ最高のスマートフォンが実現できます。

    このページの情報について

    このページの情報は2021年10月4日に編集部が調査した内容を掲載しております。各会社の料金プランは、調査時の情報をもとに掲載しており、料金改正時や新サービス追加時はすぐに情報更新をおこなっております。

    万が一、料金プランやサービス内容の相違があった場合はこちらのお問い合わせ窓口よりご連絡いただけたら幸いです。すぐに確認後、修正いたします。

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    もくじから選ぶ
    閉じる