posted by ギース at 2016/02/20 20:00

『幼なじみがフラグをおられたら』- 幼なじみから告白されたらゲームオーバー!?全く新しい告白回避型恋愛ゲームが登場!

『幼なじみがフラグをおられたら』- 幼なじみから告白されたらゲームオーバー!?全く新しい告白回避型恋愛ゲームが登場!

フラグを立てて、幼なじみから告白されたら即ゲームオーバーの『幼なじみがフラグをおられたら』。告白されないように選択肢を選ぶという、斬新なシステムの恋愛ゲーム!

告白回避型恋愛ゲーム

恋愛ゲームと言えば、普通は主人公であるプレイヤーが、ゲーム内の女の子と恋仲になるまでの展開を楽しむもの。しかし、この作品は逆に恋仲にならないようにするのが、目的となります。

とにかく幼なじみの好意に気付かない、鈍感主人公を自分の手で作るという、斬新なゲーム性を楽しめる一作です。

画面内で気になるところをタップ!

ゲームのプレイ方法は難しくありません。
好意を寄せているえーくんに対して、幼なじみがアクションを起こします。アクションはプレイヤーが、画面内でタップした位置に対応して起こります。

告白する気にさせないように注意しながら、画面内の物をタップ。ストーリーを進めるために、あえて告白する流れになりそうな物をタップする必要もあるので、色んな物タップしてみましょう!

定番の選択肢もあり

恋愛ゲームと言えばやはり、会話中に選択肢が出るのが定番!本作でも、ストーリー中に選択肢が出ます。

普通の恋愛ゲームだったら「はい」と選びたくなるような選択肢でも、本作では不正解となるので「いいえ」を選びましょう。とにかく、好感度が上がらないような選択肢を、選んでいかなければなりません!

フラグが立ったらゲームオーバー

ゲーム画面の上部に表示されている「ただの幼なじみ度」の右側が、「0/20」ととなるフラグが立った状態となります。

ゲーム開始時は「20/20」となり、幼なじみがアクションを起こすと、このポイントが下がる時があります。そして0になったらフラグが立ったことになり、幼なじみがえーくんに告白してゲームオーバーに!

選択肢によっては即ゲームオーバー

基本的には少しずつポイントが減っていきますが、選択肢によっては一気に20ポイント減ってしまうイベントもあります。
そのため、「はい」と「いいえ」は慎重に選びましょう!

ステージは全部で4つ、困ったらヒントも

幼なじみがえーくんに告白しようと考える場面が、全部で4つあります。また、ステージとステージの間にあるエピソードを楽しむこともできます。

どうしても、ステージをクリアできない時には、タイトル画面からヒントをもらうこともできるので、上手く活用してみましょう!
ゲームの流れに慣れていないこともあり、ステージ1が難しいと感じるかもしれませんね。
普通の恋愛ゲームとは趣向の違う『幼なじみがフラグを折られたら』は、気軽にプレイできて、最後まで遊ぶのにもあまり時間はかかりません。

ちょっとした息抜きの時間でゆっくり進められるので、ぜひプレイして、幼なじみのフラグをドンドン折ってみてください!

初めてハマったゲームは「川のぬし釣り2」という異端児。でも実際の釣りはほぼしません。ゲームに関しては雑食で、RPG、STG、RTS、SLGとなんでもやります。最近熱いのはオセロニアとシャドウバース!

攻略中のゲーム